報道発表資料

(お知らせ)新たなIoT機器向け料金プランと通信方式「NB-IoT」を提供開始
<2019年4月9日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、IoT機器を低消費電力かつ広域で運用可能なLPWA(Low Power Wide Area)利用に適したLTEモジュール向けの新たな料金プラン「LPWAプラン」を2019年4月25日(木曜)より提供開始いたします。また、低消費電力・低価格で運用可能な通信方式「NB-IoT1」も同日より提供開始いたします。

今回提供開始する「LPWAプラン」は、150円から始まる「LPWAプランSS」(無料通信分200KB)と、200円から始まる「LPWAプランS」(無料通信分1,000KB)の2プランです。本プランは少量のデータ通信に適しており、機器の異常検知などのIoTソリューションや、FOMAモジュールからLTEモジュールへの移行などに活用いただけます。さらに、「LPWAプラン」に含まれる無料通信分は、共有グループ内で分け合うことが可能なため、異常検知などにより、ご契約いただいている回線の一部で大量の通信が発生した場合でも、無料通信分を効率的にご利用いただけます。

「NB-IoT」は、省電力化を目的としたセルラーLPWA2の一つで、最大通信速度が下り27kbps/上り63kbpsと従来の通信方式に比べ低速となっており、LTE-M3よりさらに少量のデータ通信を低頻度で送信する場合など、より低消費電力を求められるIoTソリューションに活用いただけます。具体的には、水道などのスマートメーターの遠隔検針や、防犯機器などの警報通知、河川氾濫や地すべりなどの災害時における異常検知、公共インフラの予知保全などの用途を想定しており、電池やソーラー電源といった商用電源が取れない環境で利用する場合にも適した通信方式です。
すでに提供中のCat.13及びLTE-Mに加えて今回NB-IoTを提供開始することにより、幅広いLPWA方式から選択いただくことが可能となり、お客さまの多様なニーズに合わせてご利用いただけます。

なお、ドコモが動作確認済みのNB-IoT対応通信モジュールについては、Sierra Wireless、村田製作所などが今後提供する予定です。

今後もドコモは、IoT関連サービスの拡充を通じ、IoTを活用したビジネスのさらなる拡大や利用促進に取り組んでまいります。

  1. 「NB-IoT」は、国際標準化団体3GPP「Release 13」によりCat.NB1(カテゴリNB1)として規定された通信規格で、180kHz幅と非常に狭い帯域幅を利用し、最大下り27kbps/上り63kbpsの低速通信を行うことで、さらなる低消費電力を推進した規格です。
  2. セルラーLPWAとは、携帯電話の電波を使ったLPWAです。
  3. 詳細は、別紙2をご参照下さい。

別紙1 新たなIoT向け料金プラン「LPWAプラン」の概要

1. 「LPWAプランSS」「LPWAプランS」料金表

「LPWAプランSS」「LPWAプランS」の料金表
  LPWAプランSS LPWAプランS
基本料(円/月) 150円 200円
無料通信分 100円(200KB相当) 400円(1,000KB相当)
無料通信超過時の通信料 0.5円/KB 0.4円/KB
無料通信分の共有 共有グループ内で分け合うことが可能1
SMS送受信料 送信 3円~/回2
受信 無料
通信速度 送受信最大128kbps
定期契約 なし
  • LTEネットワークを活用したサービスのため、FOMA®での通信は利用いただけません。
  • WORLD WING®(国際ローミングサービス)は契約いただけません。
  • ご利用にあたっては、「mopera® U」「ビジネスmopera®インターネット」などのプロバイダ契約が別途必要です。
    「アクセスプレミアム®LTE」などの企業向け閉域直収接続サービスには対応しておりません。
【料金イメージ】
図:「LPWAプラン」の料金イメージ図:「LPWAプラン」の料金イメージ

2. 割引サービス

「LPWAプランSS」「LPWAプランS」を契約した回線において、「mopera U Uスタンダードプラン」もしくは「mopera U シンプルプラン」もご契約いただく場合、「mopera U Uスタンダードプラン」もしくは「mopera U シンプルプラン」の月額使用料から100円割引いたします。

3. 提供開始日

2019年4月25日(木曜)

4. 対象端末

各メーカーが提供するLTEモジュールで、ドコモが本料金プラン適用可能と認定した端末

  • ご利用にあたっては、ドコモからの利用認定が必要となります。
  • ご利用環境やご利用端末により、LPWAプランをご契約いただけない場合がございます。

5. 販売及び受付窓口

全国のドコモ法人営業部門
ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター(0120-808-539)
(平日午前9時~午後6時 ※土日祝・年末年始を除く)

  1. 共有グループの設定については、全国のドコモ法人営業部門またはドコモ・コーポレートインフォメーションセンター(0120-808-539)までお問い合わせください。
  2. 送信文字数に応じて1回あたり3~30円です。(ご利用の機種またはアプリにより1回に送信可能な文字数が異なります。)

別紙2 IoTサービス向け通信方式「NB-IoT」の概要

1. 「NB-IoT」の特長

「NB-IoT」とは、国際標準化団体3GPP「Release 13」によりCat.NB1(カテゴリNB1)として規定された通信規格で、180kHz幅と非常に狭い帯域幅を利用し、最大下り27kbps/上り63kbpsの低速通信を行うことで、現在提供中のLTE-Mより更なる低消費電力を目的とした通信方式です。搭載機能や処理するデータ量を削減し、端末への実装の簡易化を図ることで、通信モジュールの低価格化が期待されており、現在提供中のeDRX1と組み合わせて利用することで、より一層の省電力化を図ることができます。

<参考>LPWAの各種規格と主な特長
名称 主な特長 最大通信速度2(下り/上り)
Cat.1
  • LTE標準化当初(3GPP Rel-8)からの通信技術。
  • 高速通信向けLTEと比べてモジュールの低価格化が特長。
10Mbps/5Mbps
LTE-M
  • 3GPP Rel-13の通信技術。高速LTEの一部周波数帯域のみを利用することでモジュールの低価格化、省電力化を実現する技術。
300kbps/375kbps
NB-IoT
  • 3GPP Rel-13の通信技術。モジュールの低価格化、省電力化に特化した通信方式。より少量データの低頻度通信に適している。
  • 通信中に移動する用途には非対応。
27kbps/63kbps

2. NB-IoT利用時のシステム構成例

図:NB-IoT利用時のシステム構成例図:NB-IoT利用時のシステム構成例
  • 最大通信速度は、技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。

3. 提供開始日

2019年4月25日(木曜)

4. 最大通信速度

下り27kbps/上り63kbps

  • 最大通信速度は、技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。

5. 提供エリア

全国にて順次提供開始(一部エリアを除く)

6. 対応料金プラン

  • LPWAプランSS
  • LPWAプランS
  • ご利用環境やご利用端末により、LPWAプランをご契約いただけない場合がございます。

7. 受付窓口

全国のドコモ法人営業部門
ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター(0120-808-539)
(平日午前9時~午後6時 ※土日祝・年末年始を除く)

  1. 「eDRX(extended Discontinuous Reception)」は、IoT通信機器の消費電力を低減する通信技術です。
    <参考>2017年9月26日報道発表
    「IoT通信機器の消費電力を約5分の1に低減するeDRX技術を提供開始」
    https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/09/26_01.html
  2. 通信最大速度は、技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。

  • 記載の料金は全て税抜価格です。
  • 「FOMA」「WORLD WING」「mopera」「ビジネスmopera」「アクセスプレミアム」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ