報道発表資料

(お知らせ)ベンチャー企業を対象とした投資ファンド「Tata Capital Growth Fund II LP」へ出資
<2019年10月2日>

株式会社NTTドコモは、タタ・グループとの協業推進の一環として、シンガポールのTata Capital Growth II General Partners LLPが運営するグロースステージのインドベンチャー企業への投資を目的としたファンド「Tata Capital Growth Fund II LP」に対し、2,000万米ドル(約22億円1)の出資を行うことを決定しました。

ドコモはこれまでTata Sons Private Limitedと培ってきたパートナーシップのもと、新たな協力体制を構築し、両社の事業発展、さらには日本とインドにおける産業の発展のために貢献するよう検討を重ねてまいりました。今回、同協業推進の一環として、Tata Capital Limitedの子会社であるTata Capital Growth II General Partners LLPが運営するシンガポールを拠点とした投資組合「Tata Capital Growth Fund II LP」を通じ、インドにおけるベンチャー企業への共同投資を行うこととなりました。

今後もドコモは、経済成長と協調関係が高まるインドにおいて、タタ・グループと幅広い分野で事業協力を推進し、新しい価値の協創をめざしてまいります。

  1. 1米ドル=107.92円(2019年9月末時点)で計算。

別紙 「Tata Capital Growth Fund II LP」への出資の概要

1. 出資目的

インドの最大財閥であるタタ・グループとの連携により、今後さらなる成長が見込まれるインドのITサービス・技術、ヘルスケア、ファイナンシャルサービスなど、さまざまな分野への投資を通じて、有望な企業の発掘や事業提携の可能性を検討する。

2. 当社出資上限金額

2,000万米ドル(約22億円1

3. ファンド概要

ファンド概要の表
ファンド名 Tata Capital Growth Fund II LP
投資対象 グロースステージのベンチャー企業
投資分野 ITサービス・技術、ヘルスケア、ファイナンシャルサービスなど
募集金額 3億5,000万米ドル
運用期間 9年間(最大10年間まで延長可)

4. シンガポール側ファンド運用会社

シンガポール側ファンド運用会社の表
会社名 Tata Capital Growth II General Partners LLP
所在地 シンガポール
主要株主 Tata Capital Pte. Ltd.
  • Tata Capital Limitedのシンガポールを拠点とする子会社

5. インド側ファンド運用会社

インド側ファンド運用会社の表
会社名 Tata Capital Limited
所在地 インド
株主 Tata Sons Private Limited
  1. 1米ドル=107.92円(2019年9月末時点)で計算。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ