報道発表資料

(お知らせ)「ドコモ らくらくホン F-01M」を発売
<2019年11月21日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、変わらない使いやすさ、さらに聞きやすい「やさしいケータイ」「ドコモ らくらくホン F-01M」を、2019年11月22日(金曜)に発売いたします。

発売日:
2019年11月22日(金曜)[全国一斉]

販売チャネル:
全ドコモ取扱店

端末外観:

ドコモ らくらくホン F-01M

詳細は別紙のとおりです。

別紙1 「ドコモ らくらくホン F-01M」の主な特長

  1. らくらくホンの使いやすさをそのままに。
    変わらない「らくらくホンのメニュー画面」と、登録相手にボタン一つで電話をかけられる、3つの「ワンタッチダイヤル」に対応しています。
  2. 画面も文字も、もっと見やすく。
    画面の明るさがアップ1して、屋外でもより見やすくなりました。
    文字が見やすい「大きな文字サイズ」と、誰にでも読みやすい「ユニバーサルデザインフォント」に対応しています。
  3. 通話がさらに聞きやすく。
    「はっきりボイス」や「進化したVoLTE2」で通話がもっとクリアに、最大音量が約2段階アップ3した「でかボリューム」で、もっと聞きやすくなりました。
  4. 迷惑電話対策などで、あんしん。
    電話帳登録外の相手に対して、専用ガイダンスと録音機能で応対できる「迷惑電話対策機能」と、怪しいキーワードが入ったメール・メッセージに注記喚起する「らくらく迷惑メール判定」で、電話もメールもあんしんして使えます。
  5. 使い方がわからなくても、あんしん。
    使い方を無料で、電話で教えてくれる「らくらくホンセンター」、わからない操作を調べられる「使いかたガイド」もご利用できます。
  6. 厳しい耐久試験をクリアしているからあんしん。
    「防水・防塵」4、米国国防総省の調達基準「MIL規格」14項目5に対応しているから、いろいろな場所であんしんして使えます。
  7. 歩きたくなる歩数計で、楽しく健康増進。
    歩数計と連動した応援メッセージ表示や、歩数に応じて変化が楽しめる歩数連動ライブ壁紙で、毎日のお散歩がもっと楽しくなります。
  8. かんたんキレイなカメラで日々に彩りを。
    ボタンを押すだけで、かんたんキレイにとれる「おまかせカメラ」。
    独自の画像処理とチューニングで、キレイな写真をかんたんに撮れます。
  1. F-02Jと比較して最大輝度が1.4倍
  2. EVS-WBに対応
  3. F-02Jと比較して最大音量が約2段階アップ
  4. 防水(IPX5/IPX8)・防塵性能(IP6X)について
    IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5L/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、通信機器としての機能を有することを意味します。IPX8とは、常温で水道水の水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します。IP6Xとは、保護度合いをさし、直径75µm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に商品を8時間入れてかくはんさせ、取り出したときに内部に塵埃が侵入しない機能を有することを意味します。
  5. MIL規格準拠について
    米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)の14項目、落下、防水(浸漬)、防塵(6時間風速有り)、塩水耐久、防湿、耐日射(連続)、耐振動、防水(風雨)、高温動作(60℃固定)、高温保管(70℃固定)、低温動作(-20℃固定)、低温保管(-30℃固定)、低圧動作、低圧保管に準拠した試験を実施。充電可能な温度範囲:5~35℃。使用環境:温度5~40℃(ただし、36℃以上は風呂場などでの一時的な使用に限る)、湿度45~85%。風呂場では、温度は5~45℃、湿度は45~99%、使用時間は2時間以内の範囲。本製品の有する性能は試験環境下での確認であり、実際の使用にあたって、すべての状況での動作および無破損・無故障を保証するものではありません。また、調査の結果、お客さまの取り扱いの不備による故障と判明した場合、保証の対象外となります。

別紙2 主なスペック一覧表

ドコモ らくらくホン F-01Mの主なスペック一覧表
本体 サイズ1[高さ×幅×厚さ/mm] 約113×52×16.7
質量[g] 約129g
外部メモリ(最大対応容量)23 microSDHC(32GB)
UIM nanoUIM
ディスプレイ 約3.0インチ/TFT
ディスプレイ解像度(横×縦) FWVGA
480×854
サブディスプレイ 約1.2インチ/STN
カメラ 有効画素数/F値[アウト] 約810万/2.4
電池 バッテリー容量45 1500mAh
連続待受時間[LTE]6 約530時間
連続通話時間[LTE]7 約350分
通信・通話 LTE通信速度
(受信時/送信時の最大速度)
150Mbps/50Mbps
VoLTE/VoLTE(HD+) ○ EVS-WBに対応/-
Wi-Fi(対応通信規格) b/g/n(Wi-Fi 4)
テザリング同時接続数
[Wi-Fi/USB/Bluetooth]
-
Bluetooth®(対応バージョン) ○(4.2)
赤外線通信
テレビなどのリモコン操作非対応
WORLDWING8
[対応ネットワークLTE/3G/GSM]
○/○/-
充電 接続端子 USB Micro-B
その他 防水/防塵 ○/○
ワンセグ/フルセグ9 ○/-
おサイフケータイ[Felica搭載] -
カラー ホワイト
ネイビー
ピンク
メーカー 富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社
  • 記載された情報は、発売日現在のものです。
    仕様、機能などの内容は予告なしに変更することがありますので、あらかじめご了承ください。
  1. メーカー基準によります。最厚部のサイズとは異なる場合があります。
  2. メモリ容量は、すべての容量を使用することはできません。
  3. 使用する外部メモリカードのメーカーにより、最大対応容量は異なり、機種・コンテンツによって制約があります。
    詳しくは「各携帯電話メーカーホームページ」などでご確認ください。
  4. 端末によって、多少電池容量が上下する可能性があります(メーカー調べ)。
  5. 使用期間や、実際の利用状況によっては表記の時間を下回る場合があります。
  6. 連続待受時間は、待受状態でのみ利用した場合の数値のため、使用環境や携帯電話の使用により大きく変動します。
    各種機能のご利用頻度が多い場合、実際に使用できる時間は半分以下になることがあります。
  7. 連続通話時間ならびに連続通信時間は、電池の充電状態、設定状況、使用環境やご利用頻度により大きく変動します。
    各種機能のご利用頻度が多い場合、実際に使用できる時間は半分以下になることがあります。
  8. 渡航先のご利用可否については「ドコモのホームページ」でご確認ください。
  9. 利用環境によってノイズが入ったり、受信できない場合があります。
    サービスについて、詳しくは「一般社団法人放送サービス高度化推進協会のホームページ」などでご確認ください。
    NHKの受信料は、NHKにお問い合わせください。

  • 「Bluetooth」は、Bluetooth SIG,INCの登録商標で、株式会社NTTドコモはライセンスを受けて使用しています。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ