報道発表資料

NTTドコモ、画期的なLiDARスキャナーを搭載した新しいiPad Proと、新しいMagic Keyboardを発売
<2020年3月24日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、Appleの最も先進的なiPad Proを発売いたします。iPad Proは、A12Z Bionicチップを搭載し、ほとんどのWindowsノートPCと比べても処理スピードが速く、能力も高くなっています。新しいiPad Proは、超広角カメラ、スタジオ並みの品質を持つマイク、そして先進的な奥行き測定を可能にする画期的なLiDARスキャナーを搭載し、プロのワークフローの実行を可能とするほか、プロ用の写真や映像アプリへの対応を可能とします。予約受付は、2020年3月20日(金曜)から、全国のiPad取扱店およびドコモホームページで行っております。

iPad Proは、A12Z Bionicチップの搭載により、4Kビデオの編集や、3Dモデルのデザインなど、最も負荷がかかる作業にも耐えうるように設計されています。改良された熱設計と調整されたパフォーマンスコントローラが施された8コアGPUにより、今回のiPad Proは今までのiPadのなかで一番高いパフォーマンスを発揮することができます。11インチと12.9インチの2種類のエッジからエッジまで広がるLiquid Retinaディスプレイは、世界で最も先進的なモバイルディスプレイで、写真、映像、アプリやゲームを鮮やかに、詳細まで現実に忠実に再現しています。プロカメラシステムは、見事な写真や4K映像を撮影できる12メガピクセルの広角カメラのほかに、さらに広い視野をとらえることができる10メガピクセルの超広角カメラも備えています。5つのスタジオ並みの品質を持つマイクにより、非常にクリアな音声とディテールの静かさを実現し、どんな持ち方をしても自動的に調整できる4つのスピーカーにより没入感のある音質を体験できます。画期的なLiDARスキャナーは今までのモバイルデバイスでは実現できなかったようなことができるようになり、iPad Pro上で全く新しいAR体験をすることができます。

Appleはまた、iPad Pro向けの新しいMagic Keyboardを発表しました。角度をスムーズに調整できるフローティングデザインを採用し、バックライトやトラックパッドを搭載したMagic Keyboardにより、iPad史上最高のタイピングの体験をすることができます。iPadOS13.4によりトラックパッドに対応し、iPadの全く新しい使い方を提供いたします。Magic Keyboardは別売りで5月から発売いたします。

10時間持つバッテリー1、さらに速くなったWiFi接続2、そしてどのタブレットよりも多くの周波数に対応して、今までよりも60%速くなったギガビットクラスのLTE通信3により、1日中生産性が高くクリエイティブな活動を行えるようになります。

価格について詳細は、「11インチiPad Pro(第2世代)」「12.9インチiPad Pro(第4世代)」のドコモオンラインショップ販売価格をご覧ください。
iPad Proの詳細は、別ウインドウが開きますアップル社のウェブサイトをご覧ください。

  1. バッテリーの寿命は、デバイスの設定、使用状況、およびその他の要因によって異なります。実際の結果は異なる場合があります。
  2. 以前のiPad Proとの比較です。
  3. 回線速度はキャリアのネットワークにより異なります。

  • Appleは、Apple Inc.の登録商標です。
  • iPadはApple Inc.の商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ