報道発表資料

XRサービスの企画開発をする新会社「株式会社複合現実製作所」を設立
-XR技術とMRデバイスを活用したサービスで業務の高度化・効率化を実現-
<2020年8月4日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、XR技術を活用したサービスの企画開発をする新会社「株式会社複合現実製作所(以下、複合現実製作所)」を2020年8月4日(火曜)に設立します。新会社設立は、ドコモグループにおける新規事業の創出をめざす社内ベンチャー制度を利用して、社員のアイデアを事業化するものです。

  1. 新会社設立の目的
    鉄工業界は、技術者の高齢化や人手不足の課題を抱えており、ICT化による業務の高度化・効率化が求められています。複合現実製作所は、XR技術とMRデバイスなどの次世代デバイスを活用したXRサービスの企画・開発および提供を行い、XR技術を実用化することで鉄工業界の課題を解決します。また、XR技術を活用したサービスを他業界へも展開することで、XR技術を普及・拡大させ、社会が抱える後継者問題や技術継承問題、人手不足などの課題解決に貢献します。
  2. 新会社による事業概要
    1. 立体構造物の製造課程における作業支援などXR技術を活用したサービスの提供
    2. XR技術を活用した新たなサービスの企画・開発
    3. XR技術を活用したサービス導入に関するコンサルティング

複合現実製作所は、パートナーである有限会社宮村鉄工(以下、宮村鉄工)と共同で開発し、現在宮村鉄工から販売している建築鉄骨業向けの作業支援ソリューション「L'OCZHIT®1(ロクジット)」の提供を第一歩に、さまざまな業界におけるXR技術の活用を推進し、ICT化による業務の高度化・効率化を実現します。
ドコモは、新会社設立を通じて、5G時代の新たな価値創造に取り組み、社会課題の解決に貢献してまいります。

なお、複合現実製作所、社内ベンチャー制度および「L'OCZHIT」の詳細は別紙のとおりです。

  1. 「L'OCZHIT」はドコモが運営する新規事業創出プログラム「39works®」により創出したサービスです。

別紙1 株式会社複合現実製作所について

1. 会社概要

会社概要
会社名 株式会社複合現実製作所
代表者 代表取締役社長 山﨑 健生
所在地 東京都港区三田1丁目5番5号
出資金 125百万円
出資比率 ドコモ:99.6%、その他:0.4%
設立年月日 2020年8月4日(火曜)
従業員数 1名
主な事業内容 XR技術を活用したサービスの企画・開発および提供、XR技術を活用したサービスの導入に関するコンサルティング。

2. 事業概要

  1. 立体構造物の製造課程における作業支援などXR技術を活用したサービスの提供
    パートナーである宮村鉄工と共同で開発した建築鉄骨業向けの作業支援ソリューション「L'OCZHIT」(以下、本サービス)を提供します。本サービスは、動画や画像、ストリーミング映像を共有する機能などさらなる機能拡充を予定しています。
    建築鉄骨業向けの作業支援ソリューション「L'OCZHIT」
  2. XR技術を活用した新たなサービスの企画・開発
    建築鉄骨業以外の分野や鉄工業界以外の業界にXRサービスを展開するために、さまざまなパートナーと共同で検証をしていきます。お客さまが抱える課題を見つけ、プロトタイプで実際に運用をしながら、段階的・スピーディーに課題解決につなげます。XR技術だけでなく、5Gや「ドコモオープンイノベーションクラウド®」など、ドコモが持つさまざまな技術やサービスを融合して最適なソリューションを提供します。
  3. XR技術を活用したサービス導入に関するコンサルティング
    XRサービスの導入を検討する企業に対し、XR技術が活用できる業務や具体的な活用方法をお客さまと共同で検討することにより最適な課題解決方法を提案します。

別紙2 社内ベンチャー制度について

1. 社内ベンチャー制度の目的

ドコモグループにおける新規事業創出の一つの手段として、ビジネスアイデアや技術を有し、経営者としての起業を望む社員を支援することにより、「ドコモグループ事業にとって真にインパクトのある事業」を生み出すことを目的としています。

2. 社内ベンチャー制度の概要

ドコモおよびドコモグループ会社社員の提案に基づく事業アイデアに対して、ドコモおよびドコモグループ会社が資金・インキュベーションなどを支援する制度で、2001年3月より実施しています。従来の制度では、社員の起業家マインドの醸成に重点を置いていましたが、2019年1月に制度を改定し、「ドコモグループ事業にとって真にインパクトのある事業」の創出を主眼に、支援内容の拡充を行いました。

3. 社内ベンチャー制度の運営実績

2001年の制度開始からこれまで約300件の社内応募があり、6件の応募案件を新会社設立により事業化しました。株式会社複合現実製作所は、2019年の社内ベンチャー制度改定後初めての新会社設立案件となります。

別紙3 建築鉄骨業向けの作業支援ソリューション「L'OCZHIT」について

1. 概要

「L'OCZHIT」は、建築鉄骨業向けのXRサービスです。本サービスとMRデバイスを活用することで、実際の鉄骨に図面の3DCGを重ねて見ることが可能になり、製造や検査にかかる時間を短縮できます。2次元図面を読み解くためにかかっていた時間の大幅な短縮など、新人職人の製品検査や図面読み取り能力の向上を見込め、また大量の業務の中で発生するヒューマンエラーの低減にもつながります。

2. ご利用料金

お客様の規模や使い方に合わせて2つの料金プランを用意しています。詳細はお問い合わせください。

3. お申込み方法

別ウインドウが開きますhttps://mr-works.net/

  • お申込みについては、ページ下部のフォームからお問い合わせください。
  • 別ウインドウが開きます宮村鉄工のサービスサイトからもお申し込みいただけます。(一定期間経過後、宮村鉄工サービスサイトからのお申し込みは終了する可能性がございます)

4. ご利用方法

  • STEP1 データの用意
    3D CADで作成したデータを出力します。
    対応CADソフトを既にご利用の場合、特別なソフトは必要ありません。
    • 対応CADやデータ形式の詳細についてはサービスサイトよりお問い合わせください。
  • STEP2 アップロード
    データを「L'OCZHIT」にアップロードします。
    「L'OCZHIT」上で、3DデータをMRデバイスから見ることのできるデータに自動変換します。
  • STEP3 データを利用
    MRデバイスで3Dデータを確認し、製造対象の現物にCGを重畳表示しながら作業を行うことができます。

5. サービスサイト

別ウインドウが開きますhttps://mr-works.net/


  • 「L'OCZHIT」「39works」「ドコモオープンイノベーションクラウド」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ