らくらくホンシリーズの累計販売台数が全国で1,000万台を突破

<2007年4月24日>

NTTドコモグループ9社(以下ドコモ)の、らくらくホンシリーズの累計販売台数が2007年4月22日(日曜)に全国で1,000万台を突破いたしました。

らくらくホンシリーズはこれまでに1999年10月に発売された「P601es」から、mova®で4機種、FOMA®で5機種、全9機種が発売され、みんなに使いやすい携帯電話として、広くご愛用いただいております。
シリーズを通した特徴として、あらかじめ登録した3件の番号にワンタッチで発信できる「3つのワンタッチボタン」、「文字が大きく見やすい」、「音声読み上げ機能」(らくらくホンII以降)の3つがあり、これらの機能はらくらくホン ベーシックまで受け継がれており注意1、お客様にご好評をいただいております。

「らくらくホン」が生まれた背景には、お客様に、より使いやすく、よりやさしいケータイを提供していきたいというドコモの考えがあります。今後も、「しんせつ」「かんたん」「見やすい」「あんしん」「おまかせ」のコンセプトのもとに、らくらくホンシリーズはだれにでも使いやすいケータイへと進化していきます。

なお、らくらくホンシリーズの累計販売台数の推移は以下のとおりです。

推移イメージ図

  • 注意1 らくらくホン シンプルを除く。
  • 注意「FOMA/フォーマ」「mova/ムーバ」は、NTTドコモの登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ