海外拠点の組織形態の変更について

<2007年11月19日>

NTTドコモは、フランスにおける子会社であるDoCoMo Europe (France) S.A.S.(略称「ドコモフランス」)について、現地法人から事務所に組織形態の変更を図ることを本日決定いたしましたので、お知らせいたします。

詳細は以下のとおりです。

組織形態変更の概要

当該子会社の概要

商号 DoCoMo Europe (France) S.A.S.
所在地 Washington Plaza, 40 rue Washington 75408 Cedex 08, Paris, France
代表者氏名 加藤 裕一
事業内容
  • 欧州通信産業に関する調査および新サービス、電気通信規制に関する情報収集
  • 欧州通信関連企業・機関との関係構築
設立年月 1998年8月
資本金 800,000ユーロ
発行済株式数 50,000株
決算期 12月
株主 DoCoMo Europe Ltd.(100%)

組織形態の変更理由

当該子会社は、欧州での移動通信システム(IMT2000/UMTS)の標準化を推進することを目的に設立されましたが、現在は情報収集活動が主業務となっていることから、これに見合った組織形態として事務所に変更することといたしました。

日程(予定)

2007年末 … 現地法人を解散
2008年1月 … 事務所を開設
2008年6月 … 現地法人の清算終了

今後の見通し

当該組織形態の変更に伴う当社連結および単独業績に与える影響は軽微であり、当社の2007年度の通期連結および単独業績予想への影響はありません。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ