国内初、「Suica」“Edy”「iD」の共用リーダ/ライタを運用開始

-「ラゾーナ川崎プラザ」で2月22日からご利用いただけます-

<2008年2月14日>

株式会社ららぽーと
東日本旅客鉄道株式会社
ビットワレット株式会社
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
三井住友カード株式会社
東芝テック株式会社
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ

株式会社ららぽーと(代表取締役社長:前田 昌男、以下ららぽーと)は、東日本旅客鉄道株式会社(代表取締役社長:清野 智、以下JR東日本)とビットワレット株式会社(代表取締役社長:眞鍋 マリオ)がそれぞれ展開する「Suica」と“Edy”、NTTドコモが推進する後払い電子マネー「iDTM」をあわせた3種類の電子マネーが、1台のリーダ/ライタでご利用いただける共用リーダ/ライタの運用を開始いたします。「Suica」“Edy”「iD」の3種類の電子マネーに対応した共用リーダ/ライタの導入は国内で初めてとなります。

今回導入する共用リーダ/ライタを運用するにあたり採用したシステムは、JR東日本とNTTドコモが設立した共通インフラ運営有限責任事業組合が管理・運用する「共通インフラ(共用リーダ/ライタと共通利用センター)」を、ららぽーとの各店舗で使用するために株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(代表取締役社長:山下 徹)がシステムインテグレータとして取りまとめた「マルチ決済システム」です。マルチ決済システムは、店舗に設置する東芝テック株式会社(代表取締役社長:前田 義廣)のPOSレジと1台の共用リーダ/ライタが連動しており、これまでのように決済ごとに複数の端末を設置する必要が無いため、端末の設置スペースが削減されます。また、POSレジ操作についても、決済端末ごとに覚える必要がなく、さらにはPOSシステムとの連動により金額をPOSシステムと決済端末との2度入力する必要がなくなることにより店員のオペレーションの削減を期待できる他、お客様のレジでの待ち時間の短縮につながります。ららぽーとは、顧客サービスの一環として、多様化する決済手段に対応することにより、お客様の利便性を向上すべく、このシステムに取組んでいます。

ららぽーとは、まず初めに同社がレジシステムを導入する商業施設「ラゾーナ川崎プラザ」にて2008年2月22日(金曜)より共用リーダ/ライタの運用を開始いたします。続いて、“Edy”専用端末と「Suica」「iD」が利用できる共用リーダ/ライタの2台の端末で3種類の決済サービスを既に導入している、「アーバンドック ららぽーと豊洲」「ららぽーと柏の葉」「ららぽーと横浜」の各施設においても、共用リーダ/ライタ1台で「Suica」“Edy”「iD」を利用できる仕組みに順次切り替えを進めるとともに、ららぽーとが全国で運営する商業施設への電子マネー導入拡大についても検討を進めてまいります。

なお、今回の電子マネーの導入に向けて、「Suica」はJR東日本、“Edy”はビットワレット株式会社、「iD」は三井住友カード株式会社(代表取締役社長:月原 紘一)がアクワイアラとして参画しています。

[参考]共用リーダ/ライタ イメージ

「Suica」“Edy”「iD」共用リーダ/ライタ写真

「ラゾーナ川崎プラザ」では、「Suica」、“Edy”、後払い電子マネー「iD」の3種類に対応。

  • 注意「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
  • 注意「iD」は、NTTドコモの商標です。
  • 注意“Edy(エディ)”は、ビットワレット株式会社が管理するプリペイド型電子マネーサービスのブランドです。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ