iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 発売中!詳細はこちらiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 発売中!詳細はこちら

閉じる閉じる

ドコモと富士通による台湾市場向け端末の共同開発について

<2009年1月14日>

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
富士通株式会社

NTTドコモ(以下ドコモ)と富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:野副 州旦、以下富士通)は、日本で販売されたFOMA® F905iをベースに台湾市場に対応する端末を開発いたしました。
同端末は、台湾のFar EasTone Telecommunications Co., Ltd.(本社:台湾台北市、会長:徐旭東、以下FET)により、本日、F905iとして台湾での発売が発表されました。

F905iは両社が海外市場向けに開発し初めて商用化されるもので、台湾のお客様向けに中文繁体字の表示、入力などを新たに開発しており、FETのiモードサービスを台湾現地語で利用することができます。また、富士通独自技術によるスーパーはっきりボイスやゆっくりボイスなど通話音声をより聞きやすくする機能も搭載されています。

FETはドコモが従前より出資提携している戦略的パートナーであり、台湾でiモードサービスを提供しているオペレータです。さらに同社はドコモを含むアジア・太平洋地域の携帯電話事業者で結成される「コネクサス・モバイル・アライアンス」の加盟メンバーです。

ドコモと富士通は、今後とも海外ビジネスの推進をめざしてまいります。

[参考1]台湾で販売されるF905iについて

【外観】
F905iの外観画像

【画面イメージ】
画面イメージ画像

[参考2]FETについて

会社名 Far EasTone Telecommunications Co., Ltd.
会長 徐旭東(Douglas Hsu)
本拠地 台湾・台北市
従業員数 約3,400人
事業内容 台湾における移動体通信事業
資本金 325億8,500万台湾ドル(約899億3,460万円注意1
  • 注意1 1台湾ドル=2.76円(2008年12月31日時点)で計算。
  • 注意「FOMA/フォーマ」「iモード」は、NTTドコモの登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ