ALADIN等においてISMS認証を取得

<2003年4月25日>

 NTTドコモは、2003年4月11日に、弊社の顧客情報管理システム「ALADIN」とその開発部門及び運用部門に対して、国内における情報システムの信頼性及び安全性に関する標準規格である「ISMS認証」注意1を、国内の移動通信事業者としては初めて取得致しました。注意2
 今回の認証取得により、日頃弊社がお客様対応等で活用している「ALADIN」システムがセキュリティ面において、国内の基準を満たしていることが証明されました。

 なお、概要は以下の通りです。


注意1 ISMS(Information Security Manegement System)認証
正式には、「ISMS適合性評価制度」といいます。(財)日本情報処理開発協会(JIPDEC)が運用している、情報セキュリティマネジメントシステムの適合性評価制度です。
品質のISO9001、環境のISO14001のセキュリティ版。
注意2 4月22日現在。


ALADIN等においてISMS認証取得の概要



【認証取得概要】
(対象システム) 「ALADIN」
(対象組織) NTTドコモ 情報システム部
システム企画第一担当(開発部門)
サービス運営企画担当(運営部門)
(取得範囲) 顧客管理システムデータセンタ、バックアップセンタ
(認証基準) ISMS認証基準(Ver.1.0)
(登録日) 2003年4月11日
(審査登録機関) (財)日本品質保証機構(JQA)
(認定機関) (財)日本情報処理開発協会(JIPDEC)


報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ