「iショットTM」サービスの機能を拡充(画像表示拡大)

<2003年4月30日>

 NTTドコモ及びNTTドコモグループ8社は、「iショット」サービス対応携帯電話で撮影した静止画を、NTTドコモの携帯電話で受信する際、電話機それぞれの液晶画面横幅サイズに合わせて画面いっぱいに表示可能*となるよう、iショットサーバにて静止画像のドットサイズを変更する機能を追加いたします。本機能拡充により、お客様のご利用機種に合わせ従来より大きなサイズで静止画をご覧頂けます。


機能拡充開始時期
   2003年5月1日(木曜日)午前5時 【全国一斉】

概要は以下の通りです。


注意 「iモード/アイモード」「iショット/アイショット」はNTTドコモの登録商標および商標です。
注意 現状でも、ご利用の携帯電話の機種(ブラウザ表示時の液晶画面領域が、横幅120ドット以下)によっては、液晶画面横幅サイズに合わせて画面いっぱいに表示されております。本機能拡充に伴い、画像表示の拡大が行われる機種は、ブラウザ表示時の液晶画面領域が、横幅121ドット以上の機種となります。


「iショット」サービスの機能拡充(画像表示拡大)の概要



1. 機能拡充内容

受信する携帯電話の液晶画面領域(ブラウザ表示時)の横幅ドットサイズに合わせて、以下の3パターンにサイズを変換後、受信いたします。なお、変換後の画像サイズが、液晶画面領域(ブラウザ表示時)の横幅よりも大きい場合は、横幅に合わせて縮小して表示することで、横幅いっぱいに画像を表示いたします。


(単位:ドット)
液晶画面領域(ブラウザ表示時)の横幅ドットサイズ iショットSの受信サイズ iショットLの受信サイズ
現状 変更後 現状 変更後
144以下 120×120 144×144 120×147 144×176
176以下 176×176 176×215
240以下 240×240 240×293
注意 携帯電話の液晶画面領域(ブラウザ表示時)が横幅120ドット以下の機種については、現行でも横幅いっぱいに表示されております。
注意 ご利用機種の液晶画面領域(ブラウザ表示時)は、当社ホームページにてご確認いただけます。

2. 機能拡充後の画像閲覧イメージ

iショット(S)[120×120ドット] での受信例(N504iSの場合)

iショット(S)[120×120ドット] での受信例(N504iSの場合)の変更前の図 iショット(S)[120×120ドット] での受信例(N504iSの場合)の変更後の図

3. その他

本機能拡充に伴い、iショットサーバのメンテナンス作業を行うため、下記の時間帯において、iショット静止画像の閲覧ができない場合があります。画像を閲覧できなかった場合には、10分程度時間をおいて、再度閲覧頂きますようお願いいたします。なお、iショット静止画像送信及びURL付メールの受信については、メンテナンス作業中にもご利用いただけます。

■メンテナンス作業実施日
2003年5月1日(木曜日)午前3時〜午前8時30分の時間帯
(上記時間帯に約10分程度のメンテナンス作業を、4回程度実施いたします)


報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ