iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちらiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちら

閉じる閉じる


FOMA(R)用小型基地局を開発

<2003年9月19日>
 NTTドコモは、屋外で人口密度の低い郊外や屋外からの電波が届かないビル内や地下等の屋内用に従来装置の最大約1/30の「FOMA用小型基地局」を開発致しました。
 今回、開発した装置は人口密度の低い屋外エリアを対象に省容量化を図った屋外用と、基地局設置スペースに限りがある屋内エリアでスポット的にアンテナを張り出し可能とする等の屋内用の、2つのタイプを用意しており、これらを利用し設置エリアの環境に適したエリア構築を可能としました。
 今後、この2種類の小型基地局を含めて、2004年3月末までに全国約1,600ヶ所の屋内をエリア化、2005年3月末までに全国約3,000ヶ所の屋内をエリア化する予定です。

なお、詳細は以下のとおりです。


「FOMA」はNTTドコモの登録商標です。


FOMA用小型基地局装置の概要



1. 屋外用小型基地局

装置名 従来型の屋外用基地局装置 新しい屋外用小型基地局装置
大きさ 幅0.8メートル×厚さ0.6メートル×高さ1.8メートル 幅0.4メートル×厚さ0.2メートル×高さ0.6メートル注意1
体積 約0.9立方メートル 約0.06立方メートル
重量 約310kg 約38kg

2. 屋内用小型基地局(簡易型IMCS注意2

装置名 従来型の屋内用基地局装置 新しい屋内用小型基地局装置
(簡易IMCS)
大きさ 幅0.8メートル×厚さ0.6メートル×高さ1.8メートル 幅0.3メートル×厚さ0.2メートル×高さ0.4メートル注意1
体積 約0.9立方メートル 約0.03立方メートル
重量 約310kg 約15kg
注意1 当社最小サイズのもの
注意2

IMCS(Inbuilding Mobile Communication System)
:高層ビルや地下街等の携帯電話が使いづらい場所でも通話を可能とするシステムです。ビルや地下施設に設置された基地局と、NTTドコモの携帯電話のネットワークを接続し、その基地局から屋内アンテナに電波を送ることにより、携帯電話が使いずらい場所でもサービスをご提供いたします。


【参考】小型基地局の設置イメージ
【参考】小型基地局の設置イメージ図

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ