ムーバ(R) N505iS、SO505iS、SH505iSを発売

<2003年12月9日>

  NTTドコモ及びNTTドコモグループ8社はiモード(R)対応携帯電話機「ムーバN505iS」「ムーバSO505iS」「ムーバSH505iS」を発売いたします。



「ムーバN505iS」の主な特長
  1. カメラ有効画素数130万画素CCDカメラを搭載し、(記録画素数123万画素)最大SXGAサイズの撮影が可能。最大6倍、35段階のズーム機能を搭載。
  2. メイン液晶として約2.4インチ(QVGA)262,144色TFT液晶を搭載。
  3. 大画面を2つに分割して使える「ツインウィンドウTM」を搭載し、iモードサイトを見ながらメール作成を行ったり、メールを見ながらスケジュールを登録したりすることが可能。
  4. カメラで撮影した顔などの静止画の表情を編集することのできる「フェイス編集」機能を搭載。また、編集した画像やダウンロードした画像をチャットメール画面に設定すると、メール本文にある絵文字の内容に応じて表情が変化する「フェイス機能」を搭載。
    (例)設定した画像が、絵文字=笑う、絵文字=泣く、絵文字=怒る、など絵文字の内容と連動して自動的に変化します。
  5. miniSDTMメモリーカードを利用し、連続で最大約5時間注意音声録音や再生が可能。
    注意16MバイトのminiSDメモリーカードを利用した場合
  6. 受信したiモードメールやチャットメールを、声に出して読み上げてくれる「メール本文読み上げ機能」を搭載。

    販売開始日:2003年12月10日(水曜日)【全国一斉】


「ムーバSO505iS」の主な特長

  1. カメラ有効画素数130万画素CCDカメラを搭載し、(記録画素数123万画素)最大SXGAサイズの撮影が可能。静止画撮影時、最大16倍、25段階のデジタルズームが可能。
  2. メイン液晶として約2.3インチ(QVGA)262,144色TFT液晶を搭載。
  3. テレビや「メモリースティック DuoTM」に対応する機器で録画したテレビ番組を端末側で再生できる「モバイルムービーTM」機能に対応。
  4. パソコンなどで「メモリースティック Duo」に録音した音楽を聴くことができる「Musicパネル(ポータブルオーディオプレーヤー)」を搭載。
  5. 回転させながら操作する「ディスクジョグ」ボタンを搭載し、メールやゲーム利用時にスピーディな操作が可能。

    販売開始日:2003年12月12日(金曜日)【全国一斉】



「ムーバSH505iS」の主な特長

  1. カメラ有効画素数202万画素CCDカメラを搭載し、(記録画素数200万画素)最大2M記録(1224×1632)サイズの撮影が可能。最大20倍、25段階のズーム機能を搭載。さらに、最大18連写、ピクチャライトの色を変えて9枚連写のできる「ブラケット連写」、5枚の連写画像を重ねて合成する「オーバーラップ連写」など多彩な連写機能を搭載。
  2. 4種類の「オートフォーカスモード」を搭載。さらに被写体にピントを合わせたまま構図が変えられる「フォーカスロック」を搭載。
  3. メイン液晶として約2.4インチ(QVGA)262,144色CGS液晶を搭載。また、1.2インチ65,536色TFTサブディスプレイ搭載し、メニュー画面や受信メールなども閉じたままで表示可能。さらに、あらかじめ登録しておいた文章を閉じたままで返信可能。
  4. 待受け画面から日付を入力するだけでスケジュールを呼び出すことのできる「スケジュール機能」搭載し、人の名前や、目的別に表示可能。

    販売開始日:2003年12月12日(金曜日)【全国一斉】


注意
「ツインウィンドウ」は、日本電気株式会社の商標です。
注意
「miniSD」はSDアソシエーションの商標です。
注意
「メモリースティック Duo」、「モバイルムービー」は、ソニー株式会社の商標です。
注意
「mova/ムーバ」「iモード」はNTTドコモの登録商標です。


「ムーバN505iS」の概要
「ムーバSO505iS」の概要
「ムーバSH505iS」の概要





報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ