FOMA(R)端末の開発に対する技術開発投資を実施

<2003年12月19日>

  NTTドコモは、FOMA端末の高機能化及び新機能開発の促進を目的として、FOMA端末の開発会社に対して技術開発投資を実施いたします。
今回の技術開発投資により、FOMA端末に対応した高機能OS(Linux、Symbian)に搭載するアプリケーションソフト、HSDPA(注釈)技術等の開発に関する新規技術、ノウハウ等の権利を各端末開発会社とNTTドコモが共有し、今後の技術開発を効率的に推進することが可能となります。
今回、技術開発投資を行う端末開発会社はシャープ株式会社、日本電気株式会社、パナソニック モバイル コミュニケーションズ株式会社、富士通株式会社、三菱電機株式会社、モトローラ株式会社の6社であり、2004年度及び2005年度の2年間で総額約370億円の技術開発投資となります。

  今後ともNTTドコモは、国内外における第3世代移動通信サービスをはじめ、モバイルマルチメディアサービスを進展させるべく、更なる移動通信技術分野の開発・検討を進めてまいります。

「FOMA」はNTTドコモの登録商標です。
注意 HSDPA(high-speed downlink packet access): 第3世代移動通信方式「W-CDMA」の高速データ伝送技術。



報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ