FOMA(R)「SH900i」を発売

<2004年3月18日>

  NTTドコモおよびNTTドコモグループ8社は、FOMA「SH900i」を発売いたします。

  FOMA「SH900i」の主な特長
  1. カメラ有効画素数202万画素・記録画素数200万画素のCCDカメラを搭載し、最大2M(1224×1632)サイズの撮影が可能。また、オートフォーカス機能を搭載し、接写時もピントの合った写真撮影が可能。

  2. 最大20倍ズーム、最大25連写、さらにピクチャライトの色を変えて9枚連写のできる「ブラケット連写」や、5枚の連写画像を重ねて合成する「オーバーラップ連写」など多彩な連写機能を搭載。

  3. パソコンからminiSDTM メモリーカードに保存したメールやMicrosoft(R) Word、Microsoft(R) Excel、Microsoft(R) PowerPoint(R)、PDFなどPCファイルが閲覧できる「ドキュメントビューア」機能を搭載。

  4. 文字やURLなどの情報が組み込まれたバーコード(JANコード・QRコード(R))を読み取ることのできる「バーコードリーダー」機能を搭載。さらに、名刺に記載されたメールアドレスやURLなど、最大約60文字(半角英数字、記号のみ)まで読み取ることのできる「OCR」機能を搭載。

  5. 最大約120分間注意の音声を記録できる「ボイスレコーダー」機能を搭載。
    注意 16MBのminiSDメモリーカードに保存した場合

  6. 閉じたままでも、サブ液晶にてメニュー操作や、受信メールを確認することが可能。


  販売開始日:2004年3月20日(土曜日)【全国一斉】


  なお、概要は以下のとおりです。


注意 「miniSD」はSDアソシエーションの商標です。
注意 「Microsoft(R) Word」「Microsoft(R) Excel」は、米国Microsoft Corporationの商品名称です。
注意 「Microsoft(R) PowerPoint(R)」は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
注意 QRコードは、株式会社デンソーウェ−ブの登録商標です。
注意 「FOMA/フォーマ」は株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。



FOMA「SH900i」の概要



1.主な仕様

寸法注意
高さ105mm×幅51mm×厚さ26mm
質量
約132グラム
連続待受時間(静止時)
約480時間
連続待受時間(移動時)
約380時間
連続通話時間
約140分
連続テレビ電話時間
約90分
メインディスプレイ
約2.4インチ(縦320×横240ドット)
QVGA TFT液晶 262,144色
サブディスプレイ
約1.2インチ(縦160×横120ドット)
TFT液晶 65,536色
外部メモリ
miniSD メモリーカード
カメラ機能
外側:CCDカメラ
カメラ有効画素数:202万/記録画素数:200万
内側:CMOSカメラ
カメラ有効画素数:11万/記録画素数:10万
シルバー、レッド、ブルー
注意
高さ、厚さは折りたたみ時のものです。


2.販売方法

全ドコモの取扱店で販売



3.販売価格

・FOMA「SH900i」本体(16MB miniSD メモリーカード同梱)・・・オープン価格
・標準セット(電池パック、ACアダプタ、卓上ホルダ)・・・3,500円(税別)
注意
関東甲信越での価格です。


FOMA SH900i<シルバー>の写真(オープン時) FOMA SH900i<シルバー>の写真(折りたたみ時)
FOMA SH900i<シルバー>
左:オープン時、右:折りたたみ時




FOMA「900iシリーズ」の主な特長


報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ