組織の変更

<2004年5月14日>

  NTTドコモは、生活やビジネスで役立つサービスの創出や新しいビジネスモデルの確立等を目的として、以下のとおり組織変更を実施します。



1. ドコモの提供するサービスの開発及びFOMA(R)・mova(R)等の商品企画に関する体制を一元化することを目的に、「MM事業本部」及び「iモード(R)事業本部」を統合するなどして、新たに「プロダクト&サービス本部」を設置
2. BtoCビジネスへの対応強化や法人のお客様への営業力強化を目的に、「法人営業本部」を再編成
3. IR活動全般、特に個人投資家の皆様に対するIR活動の強化を目的に、「財務部」の内部組織である「IR室」を廃止し、新たに「IR部」を設置
なお、概要は下記のとおりです。

注意 「FOMA」「mova」「iモード」はドコモの登録商標です。


組織変更の概要


1.

新たに「プロダクト&サービス本部」を設置


(1)概要
生活やビジネスに役立つサービスの創出や新しいビジネスモデル確立のために、ドコモの提供するサービスの開発及びFOMA・mova等の商品企画に関する体制を一元化することを目的に、「MM事業本部」及び「iモード事業本部」の機能を統合するなどして、新たに「プロダクト&サービス本部」を設置します(「MM事業本部」及び「iモード事業本部」は廃止)。この新本部はドコモの提供するサービスの総合プロデュースを行っていきます。

【新たに設置する「プロダクト&サービス本部」の各組織概要】
組織名 業務内容 組織規模
プロダクト部 FOMA・mova等の商品企画に関すること。 約120名
マルチメディアサービス部 モバイルマルチメディアに係わるサービス開発に関すること。 約320名
ユビキタスサービス部 ユビキタスに係わるサービス開発に関すること。 約130名
コンテンツ&カスタマ部 コンテンツ、ポータル及びカスタマーリレーションに関すること。 約110名
プラットフォーム部 サーバ及びプラットフォームの開発並びに運営、維持等に関すること。 約150名

(2)実施日
2004年6月18日(金曜日)
注意 「MM事業本部」及び「iモード事業本部」の廃止は2004年7月1日(木曜日)

2.

「法人営業本部」の再編成


(1)概要
生活やビジネスに役立つサービスの創出や新しいビジネスモデル確立のために、BtoCビジネスへの対応強化や法人のお客様への営業力強化を目的として、「法人営業本部」を再編成します。
なお、再編成後の「法人営業本部」の各組織概要は以下のとおりです。

【再編成後の「法人営業本部」の各組織概要】
組織名 業務内容 組織規模
第一システム営業部 法人のお客様(建設業、運輸業、公共団体等)に対する営業活動に関すること。 約90名
第二システム営業部 法人のお客様(製造業)に対する営業活動に関すること。 約120名
第三システム営業部 法人のお客様(金融業、流通業、サービス業)に対する営業活動に関すること。 約110名
法人営業推進部 法人のお客様に対する営業戦略の策定及び法人営業活動支援等に関すること。 約80名
プロダクトビジネス部 法人市場向けプロダクトの開発及び販売支援等に関すること。 約130名
ソリューションビジネス部 ソリューション案件に係わる技術支援及びシステム構築、運営等に関すること。 約130名

(2)実施日
2004年7月1日(木曜日)
注意 「MM事業本部」及び「iモード事業本部」の廃止は2004年7月1日(木曜日)

3.

「財務部」の内部組織である「IR室」を廃止し、新たに「IR部」を設置


(1)概要
投資家及びアナリストの皆様に対する情報開示等のIR活動全般、特に重要性が高まっている個人投資家の皆様に対するIR活動の一層の強化を目的に、「財務部」の内部組織である「IR室」を廃止し、新たに「IR部」を設置します。(IR部の組織規模は約10名)

(2)実施日
2004年7月1日(木曜日)

●参考)組織図
2004年7月1日より 組織図

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ