FOMA(R)端末対応のワンチップLSIの開発に対する技術開発投資を実施

<2004年7月12日>

  NTTドコモは株式会社ルネサステクノロジ(以下ルネサス テクノロジ、会長&CEO:長澤 紘一)とFOMA端末のグローバルな普及促進及びコスト低減を目的として、W−CDMA方式及びGSM/GPRS方式に対応したデュアルモードのワンチップLSIの共同開発を行なうことに合意しました。これに伴いNTTドコモはルネサス テクノロジに対して技術開発投資を実施いたします。
  今回の共同開発は、ドコモが有するW-CDMA技術とルネサス テクノロジが有するLSI製造技術、アプリケーションプロセッサ技術、GSM/GPRS技術の融合により、チップセットのワンチップ化を図り、グローバル性に優れたFOMA端末向けチップセットの実現を目指すとともに、ワンチップLSIの低コスト化、高機能化、低消費電力化によるFOMA端末コストの低減、待受時間等の基本性能の向上を図ります。

  今回のルネサス テクノロジへの技術開発投資は2004年度から2006年度の3年間で約70億円の技術開発投資となります。

  今後ともNTTドコモは、国内外における第3世代移動通信サービスをはじめ、モバイルマルチメディアサービスを進展させるべく、更なる移動通信技術分野の開発・検討を進めてまいります。


注意 「FOMA/フォーマ」はNTTドコモの登録商標です。


報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ