AT&T Wireless社が米国内において3Gサービスを開始

<2004年7月21日>

  NTTドコモは、AT&T Wireless Services, Inc.(以下AT&Tワイヤレス、CEO: John D. Zeglis《ジョン・ジグリス》、本社:米国ワシントン州)が昨日、全米4都市(デトロイト・フェニックス・サンフランシスコ・シアトル)においてW-CDMA方式に基づいた第三世代移動通信サービス(以下3Gサービス)の開始に関する報道発表を行ないましたのでお知らせ致します。

  NTTドコモは、米国でのW-CDMA方式に基づいた3Gサービスの商用化に向けたコンサルティング契約をAT&Tワイヤレスと2003年7月31日に締結し、以来その円滑な導入を支援してまいりました。
  AT&Tワイヤレスによる3Gサービスは、米国における最初の本格的なW-CDMA商用サービスとなります。


なお、サービスの概要は以下のとおりです。




AT&Tワイヤレスが提供する3Gサービスの概要




1.サービス提供者

AT&T Wireless Services, Inc.


2.サービス開始日

2004年7月20日(火曜日)


3.サービス提供エリア

デトロイト・フェニックス・サンフランシスコ・シアトルの米国4都市


4.ネットワーク

W-CDMAネットワーク
注意 伝送速度:最大384kbps(平均220〜320kbps)


5.対応端末及び価格(全3機種)

■Motorola A845($299.99) 《GSM デュアル対応》
■Nokia 6651($299.99) 《GSM デュアル対応》
■Lucent/Novatel Merlin U520($149.99) 《カード型、データ通信専用》



6.主な提供サービス内容

■一般向け:動画ストリーミング及びダウンロード/再生
■法人向け:インターネット及びVPNを経由したイントラネットへの高速アクセス

注意 カード型/データ通信専用端末以外は音声通話も利用可


7.提供コンテンツ

約180のコンテンツをサービス開始とともに提供
注意主なカテゴリ: ニュース・スポーツ・天気予報・交通情報・映画・テレビ・占い・音楽


8.料金

■一般向け:$24.99
■法人向け:$79.99

注意 いずれも定額制(データ通信)
注意 音声通話料金は別途



報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ