公衆無線LANサービス「MzoneTM」のローミングサービスを世界に拡大-世界33カ国での利用が可能に-

<2004年8月25日>

  NTTドコモは、公衆無線LANサービス「Mzone」について、現在世界33カ国で公衆無線LANサービスを提供されているiPass Inc.様とのローミングを開始いたします。

  これにより、Mzoneのご契約者様は、海外においても3,000を超えるホテルおよび82の空港にて公衆無線LANサービスをご利用いただくことが可能となります。


ローミングサービス提供開始日:2004年9月3日(金曜日)

なお、詳細については以下のとおりです。



注意
「Mzone/エムゾーン」はNTTドコモの商標です。




iPass Inc.様とのローミング概要




1.サービス内容

iPass Inc.様(以下アイパス)が提供されている公衆無線LANサービスと「Mzone」とのローミングを開始いたします。
Mzoneのご契約者であれば、世界33カ国にあるアイパスの公衆無線LANアクセスポイントでデータ通信を行うことができるようになります。

注意
アイパスが提供している日本国内のアクセスポイントについては、ローミング対象外となります。


2.ご利用料金(課税対象外)

30円/1分
注意
Mzoneの「月額プラン」「日額プラン」は別にご利用料金がかかります。
注意
アイパスのアクセスポイントからご利用になられた料金につきましては、「Mzone」エリアでご利用された料金と合わせて、NTTドコモから請求させていただきます。


3.ご利用方法

「Mzone対応ユーティリティプログラム」によりご利用いただけます。
注意
Mzone対応ユーティリティプログラムはMzoneサイト(http://www.mzone.info)から、無料でダウンロードいただけます。


4.アイパスとのローミングサービス主要提供エリア

北米、南米、欧州、アジア、オセアニアおよびアフリカの33カ国における以下のエリア
  1. 3,000を超えるホテル(24カ国)
    ・Marriott
    ・Radisson SAS
    ・Sheraton
    ・Hilton
    ・Holiday Inn    等
  2. 82の空港(17カ国)
    ・チャンギ国際空港(シンガポール)
    ・シアトル−タコマ国際空港(米国)    等の空港
    注意
    2004年8月25日現在
    注意
    ご利用可能なエリアについては、「Mzone対応ユーティリティプログラム」からご確認いただけます。


5.Mzone対応ユーティリティプログラムご利用可能エリア検索イメージ図

可能エリア検索イメージ図



参 考

iPass Inc.様について



  iPass Inc.(本社:米国カリフォルニア州レッドウッドショア、会長兼CEO:ケン・デンマン、Nasdaq:IPAS、URL:www.ipass.com)は、企業向けに安全で簡単、また管理の容易な接続サービスを提供し、オフィスと支店や営業先、自宅を行き来するモバイル・ワーカーの生産性の向上に貢献しています。アイパスは、ダイヤルアップ、イーサネット、無線LANなどの接続手法とアクセスポイントをグローバルで統合し、包括的なソリューションを提供します。ユーザ・インターフェースである「iPassConnect」、集中的な管理、優れたセキュリティ機能、ポリシー強制機能などにより、アイパスのサービスはゼネラルモータース社、ダウコーニング社、アンダーライターズ・ラボラトリーズ社などの「Global 2000」企業で採用されています。

  アイパスは1996年に設立され、現在北米、欧州およびアジア太平洋各地に拠点を持っています。2003年7月、NASDAQにて店頭公開をいたしました。アイパスの日本法人、アイパス ジャパン株式会社は2002年に設立されました。





報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ