iモードにおける新たな料金回収代行サービスの提供

<2004年10月27日>

  NTTドコモグループ9社(以下、ドコモ)は、iモード(R)の新たな料金回収代行サービスとして「プラットフォーム課金」(仮称)の提供を開始致します。
  ドコモは、情報サービス提供者様などがiモードメニューサイト以外のプラットフォームを通じてコンテンツ、サービス等を販売した場合でも、iモードにおいて料金回収代行を行うことを可能に致します。これにより、iモードをご利用のお客様は、ドコモ以外のプラットフォームでのコンテンツ、サービス等の購入において、iモードを使って決済することが可能になります。


詳細は以下の通りです。


1.概要

  iモードメニューサイトに限らないプラットフォーム上のコンテンツ、サービス等の販売において、iモードで料金回収代行を行うことを可能に致します。


2.サービス提供時期

  2005年春(予定)


3.対象プラットフォーム

  ドコモが定める一定の基準を満たしており、ドコモが総合的な判断により、料金回収代行を行なうプラットフォームとして適切と認めた企業または団体


4.その他

  株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの「プレイステーション 2」及び同社が日本で年内に発売予定の新携帯型ゲーム機PSP(プレイステーション・ポータブル)プラットフォームにおいて、この新たな「プラットフォーム課金」が採用されます。同社のゲームプラットフォーム向けにゲームコンテンツ等を制作するゲームソフトウェア会社が「プラットフォーム課金」を利用した場合、ゲームコンテンツの利用料等をドコモのiモードを使って決済することが可能になります。

注意 「iモード」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
注意 「プレイステーション」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。また、「PSP」は同社の商標です。


(参考1)プラットフォーム課金の利用例

(参考2)プラットフォーム課金のイメージ


報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ