ショートメッセージサービス(SMS)注意を利用した迷惑メール対策を強化

<2004年12月28日>
  NTTドコモグループ9社(以下ドコモ)は、現在、お客様からお寄せいただいた情報に基づき、SMSを利用した迷惑メールを送信した契約者に対して利用停止等の措置を講じておりますが、より広くお客様から情報をご提供いただき、SMSを利用した迷惑メール送信者に対して迅速に利用停止等の措置を講じることができるよう、お客様からの情報受付窓口である「imode-meiwaku@nttdocomo.co.jp」への情報提供メール送信時のパケット通信料を2005年1月7日(金曜日)より無料化することといたします。

  また、昨今、SMSを利用した迷惑メールのお問合せが増加傾向にあることから、送信元にお心あたりのないSMSについては、リンク先へ接続されないことをお勧めいたします。また、弊社では、2004年9月より『SMS拒否機能(SMS一括拒否・非通知SMS拒否)』を提供しておりますので、SMSのご利用状況に応じて、SMS拒否機能をご利用されることもお勧めいたします。

  弊社では、今後とも迷惑メールの根絶と、快適かつ安心してモバイル・インターネット・サービスをご利用いただける環境の整備を推進するために、一層の対策強化を検討し、早期に実施していく予定です。


情報提供メール送信時のパケット通信料無料開始日時:
2005年1月7日(金曜日) 午前10時<全国一斉>


  なお、詳細については以下のとおりです。




注意1  ショートメッセージサービス(SMS):
FOMA(R)をご利用のお客様間で、電話番号を宛先にして、メッセージの送受信が可能なサービスです。またmova(R)、PHSなどからのショートメールはショートメッセージ(SMS)として受信します。
注意  「ショートメール」「FOMA/フォーマ」「mova/ムーバ」「iモード」はNTTドコモの登録商標です。



迷惑メールに関する情報提供メールのパケット通信料無料化について



1. 概要


弊社では、お客様からの情報提供に基づき、契約約款に違反する態様にてSMSを利用したメール送信がなされていると当社が認めた契約者に対して、利用停止等の厳しい措置を講じておりますが、今回、情報提供メールのパケット通信料を無料化することにより、お客様のご負担を少なくするとともに、より広くお客様から情報をご提供いただき、迷惑メールを送信する契約者に対する対策の強化を図ります。
なお、iモード(R)及びショートメール(R)を利用した迷惑メールに関する情報提供メールのパケット通信料についても、今回併せて無料化することとします。



2. 詳細


「imode-meiwaku@nttdocomo.co.jp」へ送信いただいた、情報提供メールが無料化の対象となります。なお、「imode-meiwaku@nttdocomo.co.jp」では、以下のメール注意1に関する情報提供を募集しております。
  • SMSを利用した、広告・宣伝目的のメール
  • iモードを利用した、広告・宣伝目的のメール
  • ショートメールを利用した、広告・宣伝目的のメール
お客様からの情報提供の方法は以下のとおりです。
iモードメールをご利用いただき、「imode-meiwaku@nttdocomo.co.jp」まで、送られてきた迷惑メールを送信ください。注意2
なお、SMSで受信された場合につきましては、そのまま転送いただくことができませんので、以下の手順で送信をお願いしております。
  1. お客様が受信されたSMSを利用した迷惑メールの[受信日][受信時刻]「送信元の電話番号」をメモしていただく。
  2. SMSを利用して送られてきた迷惑メールの本文をコピーし、iモードメール作成画面に貼付けていただきます。次に、メモしていただいた[受信日][受信時刻][送信元の電話番号」を本文の先頭に入力していただき、「件名にFOMA」とご記入のうえ、imode-meiwaku@nttdocomo.co.jp宛へご送信ください。

3. 開始日


2005年1月7日(金曜日) 午前10時<全国一斉>


4. お客様からの情報提供による利用停止等の対応状況(2004年12月26日現在)

  1. SMSを利用した迷惑メール送信者への措置

  2. 利用停止件数…全国19回線

  3. iモードを利用した迷惑メール送信者への措置

  4. 利用停止件数…全国3,247回線
    契約解除件数…全国21回線


  5. ショートメールを利用した迷惑メール送信者への措置

  6. 利用停止件数…全国438回線



注意1  いずれの場合も「受信者が送信に同意しているもの」や「受信者と取引関係にある者の広告宣伝に関するもの」は除きます。
注意2  iモードメールやショートメールについては、転送が可能です。ただし、「送信元メールアドレス」「受信日」「時刻」については、SMSと同様に別途記載していただく必要があります。



参考


「SMS拒否機能」の概要



1. 概要


「ショートメッセージサービス(SMS)拒否」機能として以下の2つの機能を提供しています。
  1. 「SMS一括拒否機能」

  2. 全てのショートメッセージサービス(SMS)の受信を拒否することが可能。

  3. 「非通知SMS拒否機能」

  4. mova、PHS、一般電話から発信者番号が非通知で送信されるショートメッセージサービス(SMS)の受信を拒否することが可能。

2. 対象のお客様


FOMAをご利用のお客様注意1


3. 設定方法


ご利用中のFOMA端末でお客様からSMSセンター「*20184」へ発信いただき、音声ガイダンスに従って設定いただくことができます。
なお、iモードの「iMenu」からも、「Phone To機能」によりSMSセンター「*20184」へ発信いただくことができます。
【アクセス方法】
「iMenu」−「オプション設定」−「メール設定」−「メール受信設定の『その他設定』」−「SMS拒否設定/確認」注意2

4. ご利用料金


無料


5. その他


SMSと同様のサービスとして、movaでは「ショートメール」サービスをご提供しております。「ショートメール」サービスへの迷惑メールについては、「ショートメール一括拒否機能」を提供しておりますので、ショートメールのご利用状況に応じて、ショートメール一括拒否機能をご利用されることをお勧めいたします。



注意1  本機能のご利用にあたり、お申込みは必要ありませんが、お客様ご自身による設定が必要となります。
注意2  設定に係わる通話料、パケット通信料は無料です。


報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ