FOMA交換機の設定誤りに伴うショートメッセージサービス通信料の返還について

<2005年7月6日>

NTTドコモグループ9社は、弊社FOMA交換機の設定誤りにより、ショートメッセージサービス(以下SMS)をご利用のお客様の料金を誤って請求させていただいていることが判明いたしましたので、料金を返還させていただきます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げますとともに、今後ともドコモのサービス・商品をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
なお、概要は以下のとおりです。

1. 事象概要

  1. 事象内容

    FOMAをご契約のお客様が、以下のような受信者(FOMAのご契約者)にSMSを送信した場合に、受信側が受信不可能な状態であるため、交換機において送信を受け付けないように設定すべきところを、送信を受け付けるように設定しておりました。また、その際、送信料金が発生しておりました。

    (1)受信者が次の手続きを行った際に連絡先番号案内サービスを設定されていた場合

    • 解約
    • 電話番号変更
    • 契約するNTTドコモグループ会社の変更
    • 利用休止

    (2)受信者が通信停止中だった場合

  2. 事象発生地域

    全国

  3. 事象発生時期

    2001年5月30日(水曜日)〜2005年2月18日(金曜日)

  4. 事象発生原因

    FOMA交換機の設定誤り

  5. お客様からの問合せ件数

    1件(2005年7月5日現在)

2. お客様対応について

  1. 国内でご利用の場合について

    (1)2004年11月7日から2005年2月18日までに本事象が発生したお客様注意1

    • 2004年11月7日から2005年2月18日の期間については、ご利用記録に基づき対象となる通信料を返還させていただきます。
    • 2004年11月6日以前については、ご利用記録が保存されていないため、2004年11月7日から2005年2月18日の期間におけるご利用記録から推計した金額を返還させていただきます。

    (2)2004年11月6日以前に本事象が発生したお客様注意2

    • ご利用記録が保存されていないため、お客様からお申し出いただいた上で、ご利用状況等を確認の上、対象となる送信料金を返還させていただきます。
  2. 海外でご利用(国際ローミング)の場合について

    2004年12月25日から2005年2月18日までに国際ローミング中のSMS送信時に事象が発生したお客様注意2

    • 詳細なご利用記録が保存されていないため、お客様からお申し出いただいた上で、ご利用状況等を確認の上、対象となる送信料金を返還させていただきます。

3. お客様からのお問い合わせ先

【FOMA SMSお問い合わせセンター】
専用受付電話番号: フリーダイヤル 0120-677-380
受付時間: 平日9時〜19時、土曜・日曜・祝日9時〜17時
開設期間: 2005年7月6日(水曜日)〜2005年8月31日(水曜日)まで
  • 注意1 これらを合わせて、2005年7月請求分(6月ご利用分)から減算し返還させていただきます。
  • 注意2 確認ができ次第、翌月以降のご請求から減算し返還させていただきます。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ