iPhone 7、iPhone 7 Plus (PRODUCT)RED(TM) 登場iPhone 7、iPhone 7 Plus (PRODUCT)RED(TM) 登場

閉じる閉じる

高速赤外線通信方式「IrSimple」が国際標準規格に採用

<2005年8月26日>

ITXイー・グローバレッジ株式会社
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
シャープ株式会社
早稲田大学

ITXイー・グローバレッジ株式会社(社長:野村 昌雄)とNTTドコモとシャープ株式会社(社長:町田 勝彦)、および早稲田大学(総長:白井 克彦)は、共同で赤外線による高速無線通信方式「IrSimple」注意1(アイアール・シンプル)を開発し、業界標準化団体であるIrDA(Infrared Data Association)注意2 において、国際標準規格として正式に採用されることが決定いたしました。
「IrSimple」は、携帯電話機などのモバイル機器に搭載されている赤外線通信IrDA方式の通信手順(プロトコル)を効率化することで、データ転送速度の高速化(従来比4〜10倍以上)を実現します。また、従来のIrDA方式と互換性を持たせる事も可能です。
「IrSimple」を、モバイル機器やデジタル家電などに搭載することにより、例えば携帯電話やデジタルカメラで撮影した精細な写真を、リモコン感覚の簡単な操作で、薄型テレビやフォトプリンタに瞬時に転送できるなど、新しい通信方式として用途が大きく広がることが期待されます。

「IrSimple」の主な特長

  • データ転送速度の高速化(従来比4〜10倍以上)
  • 相互が通信できる状態になるまでの手順を効率化
  • IrDA方式に、ソフトの追加・変更でIrSimple方式への対応が可能
  • 既存のIrDA方式と互換性を持たせる事も可能

従来方式(IrDA方式)との比較[2メガピクセル画像(約500KB)伝送時の転送時間比較]

方式 IrSimple-4M方式注意3 IrDA-4M方式注意3 IrDA-115K方式注意4
転送時間 約1秒 約4〜約11秒 約50〜100秒以上
  • 注意1 IrSimple:
    赤外線による高速通信方式(赤外線(Infrared)を用いた簡単(Simple)通信)
  • 注意2 IrDA(Infrared Data Association):
    赤外線通信に関する国際標準化を推進する業界団体。事務局は米国カリフォルニア。
  • 注意3 赤外線にFIR(通信速度が最大4Mbps)方式を利用。
  • 注意4 赤外線にSIR(通信速度が最大115.2kbps)方式を利用(現在多くの携帯電話機に搭載されている方式)。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ