iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 予約受付中!今すぐ予約iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 予約受付中!今すぐ予約

閉じる閉じる

「音響OFDM」技術を開発

-音楽や音声でURLなどが配信可能に-

<2006年4月13日>

NTTドコモ(以下ドコモ)は、URLやテキストなどのデータを、音楽や音声などのオーディオ信号に乗せて送信し、携帯電話端末で受信することを可能とする「音響OFDM」注意1技術を開発しました。

本技術では、無線伝送で使用されているOFDM変調技術を音響領域に適用することにより、1kbps以上の伝送速度を実現し、URLや約100文字のテキストを約1〜2秒間で伝送できます。また、OFDM変調されたデータを、オリジナルのオーディオ信号の周波数分布に合わせて調整することで、OFDM変調による聴覚上の影響を低減しました。

本技術が実用化されれば、例えば、テレビやラジオの放送中に、番組関連のWebサイトのURLを番組の音声に乗せることにより、視聴者がそのURLを携帯電話端末に取り込んでホームページにアクセスするなどの利用が想定されます。

今後、ドコモは「音響OFDM」の実用化を目指して、さらに研究開発を進めてまいります。

  • 注意1 OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing=直交周波数分割多重):
    複数の搬送波を密に並べることで周波数利用効率を向上させ、高速で情報を伝送できる伝送方式。

「音響OFDM」の概要

「音響OFDM」のイメージ図

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ