iPhone XR 予約受付中!今すぐ予約iPhone XR 予約受付中!今すぐ予約

閉じる閉じる

HSDPA対応のカード型FOMA®「FOMA M2501 HIGH-SPEED」を開発

<2006年5月11日>

NTTドコモグループ9社は、カード型FOMA端末「FOMA M2501 HIGH-SPEED(以下、M2501)」を開発いたしました。M2501は、PCMCIA Type II 規格に準拠したカード形端末となっており、パソコンのカードスロットに挿入して高速データ通信を行うことが可能です。また、HSDPAをはじめ、W-CDMA、GSM、GPRSの各通信方式に対応しており、国内外において幅広いエリアでのご利用が可能となります。

FOMA「M2501 HIGH-SPEED」の概要

M2501 HIGH-SPEEDの主な特長および仕様

  1. HSDPAをはじめ、W-CDMA/GSM/GPRSの各通信方式に対応。
  2. FOMAハイスピードエリア注意1では受信時最大3.6Mbpsの高速データ通信が可能。
  3. 国際ローミング対応で、69の国・地域でパケット通信がご利用可能。注意2
  4. 音声通話やテレビ電話にも対応。注意3
規格 PCMCIA Type II に準拠
寸法 高さ130mm×幅54mm×厚さ5.2mm(一部18mm)
質量 約75グラム
音声通話 対応
通信速度 パケット通信 FOMA
ハイスピードエリア
送信最大384kbps/受信最大3.6Mbps
FOMAエリア 送受信最大384kbps
64Kデータ通信 送受信最大64kbps
テレビ電話 送受信最大64kbps
対応OS(各日本語版) Windows® XP Professional
Windows® XP Home Edition
Windows® 2000 Professional
対応エリア(日本国内の場合) FOMAサービスエリア
FOMAプラスエリア
FOMAハイスピードエリア
電源 5.0ボルト(パソコンのカードスロットより供給)

M2501 HIGH-SPEEDの写真
M2501 HIGH-SPEED

  • 注意1 HSDPAのご利用可能エリア。
  • 注意2 音声通話に関しては132の国・地域でご利用可能。(2006年4月末時点)
  • 注意3 パソコンに接続し専用のソフトウェアをインストールしてのご利用となります。また、音声通話やテレビ電話の際には市販のイヤホンマイクやWebカメラが必要です。
  • 注意「Windows」は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • 注意「FOMA/フォーマ」は、NTTドコモの登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ