iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちらiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちら

閉じる閉じる

フジテレビの番組内でワンセグサービスとおサイフケータイ®を連携させた取り組みを開始

-テレビ番組とおサイフケータイの連携が可能に-

<2006年5月25日>

株式会社フジテレビジョン
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ

株式会社フジテレビジョン(以下:フジテレビ、社長:村上 光一、本社:東京都港区)とNTTドコモは共同で、「ワンセグサービス」と「おサイフケータイ注意1」を連携させたサービス検証を2006年6月の番組から実施し、「ワンセグサービス」の発展に向けた開発およびビジネスモデルの検証をいたします。

両社は、2005年12月21日より放送・通信連携の新しいサービスの開発に関して検討を重ねてまいりました。今回はその一環として、フジテレビの番組「恋するフットサル」(毎週土曜深夜2時15分放送)で、6月3日の放送より「ワンセグサービス」のデータ放送と「おサイフケータイ」の連動型サービスを、共同で実施いたします。
この取り組みでは、「ワンセグサービス」とケータイサービスの連携利用の第一弾として、番組の連続視聴および「おサイフケータイ」の利用機会拡大、また番組視聴と実際のイベント会場・店舗などとの連携利用を実現するための調査を行います。

本検証で得られた結果をもとに両社で引き続き検討を行い、今後もワンセグ視聴をきっかけとした通信サービス連携、「おサイフケータイ」の利用を促進し、お客様の利用シーンの拡大と利便性向上に努めてまいります。

なお、概要は以下のとおりです。

  • 注意1 おサイフケータイ:
    ICカードを携帯電話に搭載し、iモード®プラットフォームを利用することにより、ICカード上のみで展開されてきた交通機関決済や電子マネー、個人認証などの各サービスが携帯電話においても実現されています。iモードサービスを利用して直接バリュー(電子マネーなど)や各種コンテンツのダウンロード、残高や利用履歴を携帯電話のディスプレイ上で確認できるなど、iモードサービスならではの利便性も合わせて提供しています。

「ワンセグサービス」と「おサイフケータイ」を連携させたサービスの概要

番組概要

「恋するフットサル」(フジテレビ、関東ローカル放送)
放送日 … 毎週土曜深夜2時15分〜2時45分
放送内容 … 「SPHERE LEAGUE(スフィアリーグ)注意1」に参加し、フットサルに熱く取り組む現役アイドルたちの魅力をたっぷり紹介。

「ワンセグサービス」対応携帯電話で「恋するフットサル」を視聴してポイントが貯まると、7月に行われる「SPHERE LEAGUE(スフィアリーグ)」イベントにて利用できる「バックステージパス」を抽選で10組20名様にプレゼントいたします。

サービスの流れ

  1. 「ワンセグサービス」対応携帯電話(FOMA® P901iTVなど)で番組を視聴すると視聴ポイントが端末内保存領域注意2に蓄積
  2. 一定の番組視聴ポイントを貯めプレゼント応募サイトにアクセス
  3. 当選者は「おサイフケータイ」対応iアプリ®をダウンロード
  4. イベント当日、会場で「おサイフケータイ」をゲートにかざし入場
  • 注意1 SPHERE LEAGUE(スフィアリーグ):
    2005年12月に誕生したアイドルやグラビアモデルといった140名以上の芸能人が所属するフットサルリーグ。
  • 注意2 端末内保存領域:
    ARIB(社団法人電波産業会)の放送技術仕様で規定されている端末内にある「ワンセグサービス」専用の放送用保存領域。「放送局個別領域」と「系列局共通領域」があり、各放送局が利用。

[参考]「恋するフットサル」概要図

(別ウインドウが開きます)「恋するフットサル」概要図(PDF形式:345KB)1ページ

  • 注意「おサイフケータイ」「iモード」「FOMA/フォーマ」「iアプリ/アイアプリ」は、NTTドコモの登録商標です。

Adobe Reader を入手する(別ウィンドウが開きます)

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている別ウィンドウ:Adobe® Reader® プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ