iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちらiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちら

閉じる閉じる

Super 3Gの装置開発に向けたメーカ募集を開始

<2006年7月7日>

NTTドコモ(以下ドコモ)は、Super 3Gの基地局および携帯電話端末の装置開発に向けたメーカ募集手続きを、本日より開始いたします。

Super 3Gは、W-CDMAの拡張技術HSDPA注意1/HSUPA注意2からさらに発展した標準規格です。データ通信速度は、下り100Mbps以上/上り50Mbps以上の高速通信を実現し、遅延の改善や周波数の利用効率向上などを目的としたシステムです。

現在、Super 3Gは、W-CDMAの標準化団体3GPP注意3にて、Long Term Evolution(以下LTE)注意4と称して検討されており、ドコモはその中で中心的な役割を果たしております。2006年6月に開催された3GPPの会合にて、LTEの基本検討がほぼ終了したことから、ドコモは、Super 3G実用化に向けた開発を開始いたします。

3GPPでは引き続き詳細な仕様作成作業を進め、Super 3Gの仕様を2007年に完成させることを予定しています。ドコモは、本Super 3Gの開発と併せ、3GPPの標準化活動も引き続き精力的に行ってまいります。

なお、今回のメーカ募集手続きでは、2006年10月頃に、基地局メーカと携帯電話端末メーカをそれぞれ1社程度選定し、2009年の開発完了を目指します。

Super 3G開発まで変遷は以下のとおりです。

  • 注意1 HSDPA:
    High-Speed Downlink Packet Accessの略称です。これは、パケット通信の高速化への要求に対応するために3GPPでW-CDMAの発展型として標準化された下りの通信速度を飛躍的に向上させる技術です。方式上は、下り最大14Mbpsの高速通信が可能となります。
  • 注意2 HSUPA:
    High-Speed Uplink Packet Accessの略称です。これは、パケット通信の高速化への要求に対応するために3GPPでW-CDMAの発展型として標準化された上りの通信速度を飛躍的に向上させる技術です。方式上は、上り最大5.7Mbpsの高速通信が可能となります。
  • 注意3 3GPP(3rd Generation Partnership Project):
    IMT-2000 W-CDMAの詳細な仕様を作成するパートナーシッププロジェクト。各国地域の標準化組織が、3GPPで作成された仕様を各国・地域共通の標準規格とする。世界の主要な移動通信関係会社を含む多くの会社や団体が加盟。
  • 注意4 Long Term Evolution (LTE):
    Super 3Gの3GPP規格名称。

募集要項

申込み方法

NTTドコモ ホームページ(提案募集案件)よりお申込みいただけます。

申込み期限

2006年8月23日午後5時

Super 3G開発までの変遷

Super 3Gの開発目的

3Gの長期的発展型であり、長きにわたり3G周波数を効率的に使用することを目的とする。
また、ネットワーク構成を4Gにも適用可能とすることで、4Gの無線機能をもった基地局を導入するだけで4Gをスムーズに導入可能とする。

Super 3Gの開発目的のイメージ図

  【3G】
W-CDMA(リリース99)注意1
【3.5G】
HSDPA/HSUPA
【3.9G】
Super 3G
周波数帯 3G用周波数帯(2GHz帯および3G用追加周波数帯)
周波数帯域幅 5MHz 1.25, 2.5, 5, 10, 15, 20MHz
無線アクセス方式 DS-CDMA注意2 OFDMA注意3(下り)
SC-FDMA注意4(上り)
ピーク速度(上り) 384kbps 5.7Mbps 50Mbps以上
ピーク速度(下り) 384kbps 14Mbps 100Mbps以上
  • 注意1 3GPPにて最初に規定されたW-CDMAの基本仕様であり、現行のドコモのFOMAで採用されている。また世界中の多くの通信事業者も3Gサービス導入時に採用した仕様。
  • 注意2 DS-CDMA (Direct Sequence Code Division Multiple Access):
    送信ユーザーデータに符号を掛け合わせる(拡散)ことで、無線チャネルの周波数帯域幅を広げて伝送する。また、ユーザごとに異なる符号を用いることで、複数ユーザ信号を多重して伝送可能とする。伝送時のノイズや他ユーザの干渉は広い帯域に散らばった低レベルの信号に分散されるため、通信品質への影響を小さくできる。
  • 注意3 OFDMA (Orthogonal Frequency Division Multiple Access):
    周波数帯域を複数の狭い周波数帯域(サブキャリア)に分割し、各周波数帯上にデータを載せて伝送を行う方式。サブキャリアを周波数上に、一部重なりあいながらも互いに干渉することなく密に並べることで、高速伝送を実現し、周波数の利用効率を上げることができる方式である。
  • 注意4 SC-FDMA (Single-Carrier Frequency Division Multiple Access):
    周波数帯域を分割し、複数の端末間で異なる周波数帯域を用いて伝送することで、端末間の干渉を低減することができる伝送方式。また、送信電力の変動が小さくなる特徴を持つことから、端末の送信器の構成が比較的簡素にできる方式である。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ