iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 予約受付中!今すぐ予約iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 予約受付中!今すぐ予約

閉じる閉じる

エントランス回線のIP化に対応したFOMA用屋内小型基地局装置を開発

<2006年11月28日>

NTTドコモ(以下ドコモ)は、FOMA®の電波が届きにくいビル内や地下などのエリア品質を向上させるため、柔軟かつ経済的なエリア構築を行うことのできる、エントランス回線のIP化に対応したFOMA用屋内小型基地局装置を開発し、2006年12月より運用開始いたします。

今回開発した基地局装置により、エントランス回線をIP化しLAN環境でIMCS®注意1を構築することが可能となります。また、従来型に比べ装置の小型化(約1/6の大きさ)を実現することで設置が可能となる場所も増えるため、よりきめ細やかなFOMA屋内エリアの拡張が可能となります。

今後、更なるFOMA屋内エリア品質向上を図るため、本装置を積極的に展開する予定です。ドコモでは、本装置などを含めて、2007年3月末までに約9,500ヶ所の屋内をエリア化する予定です。

なお、詳細は以下のとおりです。

  • 注意1 IMCS(Inbuilding Mobile Communication System):
    高層ビルや地下街などの携帯電話が使いづらい場所でも通話を可能とするシステムです。ビルや地下施設に設置された基地局と、ドコモの携帯電話のネットワークを接続し、その基地局から屋内アンテナに電波を送ることにより、携帯電話が使いづらい場所でもサービスをご提供いたします。

エントランス回線のIP化に対応したFOMA用屋内小型基地局装置の概要

装置外観

外観写真

仕様

装置名 新しい屋内用小型基地局装置 従来型の屋内用小型基地局装置
出力 100ミリワット 400ミリワット
チャネル数 48 80
大きさ 高さ240mm×幅320mm×厚さ45mm 高さ400mm×幅317mm×厚さ220mm
重量 約3kg 約15kg

[参考]システムのイメージ

イメージ図

法人のお客様のお問い合わせ先

ドコモの法人営業担当者、またはドコモビジネスオンラインのホームページhttps://www.nttdocomo.co.jp/biz/support/inquiry/にて、お問い合わせをお受けいたします。

  • 注意「FOMA/フォーマ」「IMCS/インクス」は、NTTドコモの登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ