iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちらiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちら

閉じる閉じる


「ドコモ島根だんだんの森」開設に向けた
調印式の実施について

〜島根県の「しまね企業参加の森づくり」制度に参画〜


2009年10月5日

 NTTドコモ 中国支社は、2009年11月上旬に開設予定の「ドコモ島根だんだん注意の森」(島根県飯石郡飯南町)について、島根県、飯南町、飯石森林組合、(株)NTTドコモ中国支社の4者による森林保全活動に関する協定の調印式を10月9日(金曜)に行います。

注意「だんだん」とは島根県東部で「ありがとう」を意味する言葉であり、従業員が自然や協力いただいている地域の皆様、お客様、家族など多くの方々への感謝=「ありがとう」の気持ちを意識できることから本名称としました。

 「ドコモの森」森林整備活動は、ドコモグループの自然環境保護活動として全国的に実施しているもので、中国地域では1999年5月の山口県、2002年11月の広島県、2004年11月の岡山県、2008年5月の鳥取県に続いての開設となり、これによって中国全県での開設となります。
 今回の「ドコモ島根だんだんの森」森林整備活動は、島根県「しまね企業参加の森づくり」制度への参画により実現しました。

<調印式概要>
1.実施日時: 2009年10月9日(金曜) 午後4時〜午後4時20分
2.場所: 島根県庁3階 301会議室 (島根県松江市殿町1番地)
3.調印者: 島根県副知事    松尾 秀孝(まつお ひでたか)
飯南町長       山碕 英樹(やまさき ひでき)
飯石森林組合 代表理事組合長   立石 幸(たていし こう)
(株)NTTドコモ 中国支社長  井手 明子(いで あきこ)
4.協定目的: ○ドコモ中国支社は協定森林における保全活動・管理活動を行う。
○島根県と飯南町および飯石森林組合はドコモ中国支社の森林保全活動が円滑に実施できるよう指導、助言、協力する。

 今後もドコモグループは、事業活動と地球環境の両立、さらには住み良い地球を実現するために地球環境にやさしい社会システムを構築するとともに、従業員によるボランティア活動として森林整備活動に取組んでまいります。



<別紙>


<「ドコモ島根だんだんの森」概要>

1.場所: 島根県飯石郡飯南町角井 飯南町有林内
2.面積: 約2.0ヘクタール
3.開設予定日: 11月上旬 (あわせて第1回目の活動を予定しており、詳細決定次第お知らせさせていただきます)
4.活動内容: ドコモグループ従業員およびその家族による植樹や下草刈りなどの育林活動。


<ドコモの森林整備活動の取組み>

「ドコモの森」はドコモグループが自然環境保護活動の一環として1999年より全国的に取組んでおり、現在、全国43ヵ所(41都道府県)、総面積約183ヘクタール(ha)となっています。これは野球場(グランド面積1.3ha)の約141個分に相当します。(2009年9月末現在) 2009年度中には、全国47都道府県全てに「ドコモの森」をつくる予定です。

中国地域の「ドコモの森」開設状況
開設年月 場所 面積
1999年 5月 「ドコモ徳地滑松の森」      山口県滑山国有林 2.80ヘクタール
2002年11月 「ドコモ中国安芸野呂の森」   広島県野路山国有林 1.85ヘクタール
2004年11月 「ドコモ美作の森」         岡山県中山国有林 2.40ヘクタール
2008年 5月 「ドコモとっとり伯耆の森」    鳥取県西伯郡伯耆町 2.80ヘクタール
2009年11月(予定) 「ドコモ島根だんだんの森」 島根県飯石郡飯南町角井 飯南町有林内 2.00ヘクタール


<2008年5月に行われた「ドコモとっとり伯耆の森」第1回目活動の模様>

2008年5月に行われた「ドコモとっとり伯耆の森」第1回目活動の模様


このページのトップへ