南海トラフ地震を想定した中四国グループ
合同防災訓練の実施について


2014年12月2日

 株式会社NTTドコモ四国支社および中国支社は、2014年12月10日(水曜)〜12日(金曜)に高知県立春野総合運動公園(高知県高知市春野町芳原2485)にて南海トラフ地震を想定した防災訓練を実施します。

 今回の訓練では、南海トラフを震源とするマグニチュード9クラスの地震が発生。最大震度7の大規模災害を想定し、不通エリア等の迅速な応急復旧を目的とした防災訓練を行います。また、南海トラフ地震発生時の道路閉鎖を想定し、陸上自衛隊との協定によるヘリコプターでの災害対策機器の搬送訓練を行います。

 今後もドコモは、お客様一人ひとりのスマートライフのパートナーとして、災害時の通信を確保するため、災害に強い通信ネットワークの構築を図るとともに、ネットワークの安全性と信頼性の向上に、より一層努めて参ります。

<合同防災訓練概要>
1. 日時
  2014年12月10日(水曜)午前9時30分〜12月12日(金曜)午後15時30分(予定)
 

注意 雨天決行。天候状況によって、訓練内容を縮小することがございます。
注意 12月11日の天候状況によって、ヘリコプターによる運搬訓練を中止する場合がございます。

 
2. 会場
  高知県立春野総合運動公園 第2駐車場  (高知県高知市春野町芳原2485)
 
3. 実施会社
  (株)NTTドコモ四国支社・中国支社、(株)ドコモCS四国、(株)ドコモCS中国
 
4. 協力機関
  陸上自衛隊第13旅団、第14旅団
 
5. 訓練内容・スケジュール(予定)
  主な実施内容 詳細内容 日時 取材可能時間
1 南海トラフ地震発災通知 訓練アプリによる参加者通知 12月10日
午前9時30分〜
2 四国支社・
中国支社連携訓練
(シナリオ訓練)
災害発生から支援体制の確立 12月10日
午前9時40分〜
3 中国支社駆付け訓練 ・移動電源車(岡山市⇒訓練会場)
・衛星エントランス搭載移動基地局車
(広島市⇒訓練会場)
12月10日
午前10時〜
(出発午前10時30分)
12月10日
午前9時30分〜
午前10時30分
4 ヘリコプターによる
運搬訓練
自衛隊ヘリによる災害対策機器
(可搬型衛星エントランス基地局)の
運搬海田市駐屯地
(安芸郡海田町)⇒高知
駐屯地(香南市)⇒訓練会場
12月11日
午前11時〜
海田市駐屯地
12月11日
午前10時30分〜正午
高知駐屯地
12月11日
午後1時30分〜
午後2時30分
5 災害対策機器設営訓練 設営訓練(訓練会場)
・衛星エントランス搭載移動基地局車
・可搬型衛星エントランス基地局
・可搬型衛星エントランス
・非常用マイクロ
・可搬型ブースタ
12月11日
12月12日
12月11日
午後1時〜午後3時
◆本訓練については、一般の方はご観覧いただけませんのでご了承ください

<訓練出動車両等一覧(一例)>

■電力復旧

<出動車両>
 移動電源車(写真は1000KVA電源車)
<車両特徴>
 長時間に渡る停電が発生し、電気通信設備に備え付けのバッテリーだけでは電力の供給がまかなえないとき、電力の確保を行う車両。当日は45KVA移動電源車が出動します。

移動電源車(写真は1000KVA電源車)

■エリア応急復旧

<出動車両>
 衛星エントランス搭載移動基地局車
<車両特徴>
 衛星通信の伝送路を搭載した移動基地局車。大規模災害等により基地局が使用不能になった場合、被災地に駆けつけ携帯電話を利用できるエリアを構築します。

衛星エントランス搭載移動基地局車

■エリア応急復旧

<使用設備>
 可搬型衛星エントランス基地局
<設備特長>
 車両への積み込みができるほか、作業員が人力で運搬可能。災害により道路が寸断し、車の乗り入れが困難な場所においてもエリア復旧が可能です。

可搬型衛星エントランス基地局

<参考>

■物資運搬ヘリコプター(陸上自衛隊所有)

<出動機>
 UH-1
<運搬物>
 海田市駐屯地から高知駐屯地まで可搬型衛星エントランス基地局を運搬します。

物資運搬ヘリコプター(陸上自衛隊所有)



このページのトップへ