太陽光発電により運用可能な「グリーン基地局」が
中国地方で初めて運用を開始


2015年3月25日

 株式会社NTTドコモ中国支社では、災害に強く、環境に優しい携帯電話基地局の「グリーン基地局」を3月27日(金曜)より運用開始いたします。
 このたび広島県東広島市で運用を開始する基地局が中国地方で初めてのグリーン基地局となります。

 グリーン基地局とは、ソーラーパネルの太陽光発電によって、自立的に日中の電源を確保する携帯電話基地局です。災害時、携帯電話基地局への商用電源の供給が滞った場合でも、ソーラーパネルの太陽光発電単独で、携帯電話基地局を運用し、日中の携帯電話の通信を確保いたします。

●グリーン基地局の特長

(1)災害時に停電した場合にも、日中は、ソーラーパネルの太陽光発電単独で携帯電話基地局が運用可能です。

(2)既存の携帯電話基地局に、グリーン基地局設備を追加することで、グリーン基地局化することが可能です。

(3)グリーン基地局に搭載した「グリーン電力コントローラー」により、基地局が運用時に利用する電源(商用電源、太陽光発電)の組み合わせを、マネジメントすることが可能です。

【東広島市に設置されたグリーン基地局設備】
東広島市に設置されたグリーン基地局設備
※自立型遠隔監視システム: 自身のソーラーパネルで発電した電力のみで動作する、基地局周辺の天候・ソーラーパネルの運用状況などを遠隔監視 するカメラシステムです。全国では中国支社のグリーン基地局のみに試験的に導入されているシステムです。

 ドコモは、お客様一人ひとりのスマートライフのパートナーとして、安心・安全なモバイルネットワークをお客様に提供できるよう取組んでまいります。


東広島市に設置したグリーン基地局の構成要素


●主な構成要素

(1)ソーラーパネル
 グリーン基地局のフィールド試験で設置するソーラーパネルでは、最大3kW注意の発電が可能です。今回、グリーン基地局を導入する携帯電話基地局の最大消費電力は、約1.7kWであるため、ソーラーパネル単独で携帯電話基地局の運用が十分可能です。
※東広島市にに設置したグリーン基地局では、1パネル当たり250Wを12枚設置。ソーラーパネル面積は、2m×10m(20m²)。

(2)グリーン電力コントローラー
グリーン基地局に搭載した「グリーン電力コントローラー」により、基地局が運用時に利用する2つの電源(商用電源、太陽光発電)の組み合わせを、マネジメント注意することが可能です。

 また、グリーン電力コントローラーは、太陽光発電によって生み出された電力を、より無駄なく利用することを目的に、発電した直流電力を直流のまま利用することを可能とします。これにより、直流から交流に変換されることで損失されるエネルギーを約10%削減可能なため、発電した電力を、効率的に利用することが可能です。
※電力マネジメントについては、今後のバージョンアップにて対応となる予定です。

<参考1>グリーン基地局の構成図
グリーン基地局の構成図
<参考2>グリーン基地局発電量モニタリング画面イメージ
グリーン基地局発電量モニタリング画面イメージ
※画面は3月24日現在のイメージです。

このページのトップへ