地域からのお知らせ(北海道)

2017冬季アジア札幌大会に向けたドコモの取り組みについて

2017年2月17日

株式会社NTTドコモ北海道支社は、2017冬季アジア札幌大会(開催期間:2017年2月19日〜26日)の開催を迎えるにあたり、国内及び海外からお越しの選手・大会関係者・観客の皆さまにドコモの通信・サービスをより快適にご利用いただけるよう、ネットワーク環境の整備を行っております。
NTTドコモは2017冬季アジア札幌大会を(情報通信サービス及びモバイル通信端末)ゴールドパートナーとして応援しています。
なお、主な取り組みは以下の通りです。

1.基地局の通信容量拡大と品質改善

開会式・閉会式会場、各競技会場、各会場を結ぶ主要経路、開催地の最寄空港である新千歳空港及び帯広空港において、通信容量拡大と品質改善を行っております。
特に、札幌市内とスノーボードの競技会場である、さっぽろばんけいスキー場とを結ぶ「盤渓北の沢トンネル(2017年2月3日開通)」については、いち早くエリア化を実施しております。

盤渓北の沢トンネルエリア化盤渓北の沢トンネルエリア化

2.移動基地局車の配備

更なる通信品質の向上を目的に、開催期間中、以下の拠点に移動基地局車を配備いたします。

(1)開会式会場:札幌ドーム ※開会式当日のみ

(2)メディアセンター:札幌コンベンションセンター


3.ドコモWi-Fiの環境整備

開会式会場(札幌ドーム)の屋内全域において、ドコモWi-Fiをご利用いただけるようエリア構築しております。

ドコモWi-Fiの環境整備ドコモWi-Fiの環境整備

記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ