2011年度「ケータイ安全教室」の実施について


2011年7月8日

平素はNTTドコモのサービス・商品をご利用いただき、誠にありがとうございます。

株式会社NTTドコモ北陸支社は、2005年度から進めております「ケータイ安全教室」を2011年度もメニューを充実させ、これまでの最高となる年間200回の開催を目標に、北陸3県に更なる展開をしてまいります。

NTTドコモではCSR活動の一環として、安心・安全への様々な取組みを行っております。その1つとして、2004年度よりご要望をいただいた小学校・中学校・高等学校および地域コミュニティなどの団体に講師を派遣し、携帯電話を使用する上でのマナーやルール、トラブルへの対処方法を啓発する「ケータイ安全教室」を全国で実施しております。
ドコモ北陸支社においては2005年度から開催しており、2010年度までの6年間で合計約640回、約5万5千人以上の方にご参加いただいております。2011年度は前年度同様入門編(小学校高学年〜中学校)、応用編(中学校〜高等学校)、保護者教員編、シニア編の4コースに加え、スマートフォンに対応したメニューもご用意して、年間200回の開催を目標に、北陸3県の学校・団体へ更に展開してまいります。
ドコモ北陸支社は今後も安心・安全なモバイル社会の実現に向けて、積極的に取り組んでまいります。

実施内容

開催実績(北陸)

  2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度
6月末現在
合計
(累計)
開催回数 19回 71回 58回 198回 128回 166回 40回 680回
参加者数 781人 6,105人 3,533人 10,678人 13,490人 21,507人 6,687人 62,781人

注意2011年6月末現在

実施内容

カテゴリ 対象 内容
入門編 小学校高学年〜中学校 ケータイをこれから持つ際の参考として、または持ち始めのころのケータイの安心・安全な使い方、使う上での基本的なルールやマナーについて、アニメーションまたはスライドを使用して説明します。
応用編 中学校〜高等学校 ケータイを使い慣れてきた頃のケータイの安心・安全な使い方、使う上でのルールやマナー、スマートフォンにも対応したネットコミュニケーションや個人情報漏洩など、被害者と加害者、それぞれの観点で具体的な事例をスライドで紹介しながら説明します。
保護者/教員編   「子どもを守る」という観点から「子どもとインターネット社会」の現状をご理解いただき、保護者や指導者としてどのように子どもたちに指導すべきか、、具体的な事例をスライドで紹介しながら説明します。
シニア編   振り込め詐欺などの犯罪やトラブルに巻き込まれないようにするための対策および自然災害や日常における様々なトラブルなどから身を守るためのポイントを説明します。

実施風景

実施風景

このページのトップへ