iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちらiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちら

閉じる閉じる


西日本初!ユニバーサルデザイン対応のモデル店舗
「ドコモ・ハーティプラザ梅田」を開設



2009年2月23日

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ 関西支社(以下:ドコモ)は、すべてのお客様に使いやすい製品・サービスを追求していくというユニバーサルデザイン(UD)の考え方に基づいた新たなコミュニケーション施設として、「ドコモ・ハーティプラザ梅田」を2009年2月25日(水曜)より開設いたします。

「ドコモ・ハーティプラザ梅田」は、エントランスや通路、トイレ、受付カウンターなどハード面のUD化はもちろん、手話スタッフやサービス介助士の配置やお出迎えサービスの提供などソフト面でのUD化によるホスピタリティの充実にも取り組むことで、ご高齢の方、ハンディキャップを持った方、小さなお子さま連れの方など、ご来店されるすべてのお客様に安全・安心・快適に、携帯電話の各種手続き等を行っていただける、「ドコモ・ハーティスタイル」のモデル店舗です。
2004年2月より東京丸の内で営業中の「ドコモ・ハーティプラザ丸の内」に続いて、全国で2店目、西日本では初のモデル店舗となります。

「ドコモ・ハーティスタイル」は、すべての人が使いやすい商品・サービスを追求していくというユニバーサルデザインの考え方に基づき、人と人、お客様と私たちドコモのつながりをもっとぬくもりのあるものにする活動であり、「らくらくホン」シリーズに代表される使いやすさを追求した端末の提供や、ハード面のUD化、簡易筆談機やテレビ電話応対サポートの完備などによるドコモショップのハーティ対応、「ハーティ割引」の提供など、「製品」「お客様窓口」「サービス」を3つの柱として、取組みを進めております。

ドコモ関西支社としても、全てのドコモショップにおける最適なハーティ対応の実施、ショップスタッフにおける「サービス介助士」資格の取得など、「ドコモ・ハーティスタイル」の積極的な推進に取り組んでまいります。

なお、「ドコモ・ハーティプラザ梅田」の詳細については下記のとおりです。

「ドコモ・ハーティプラザ梅田」の概要

1.名称
「ドコモ・ハーティプラザ梅田」

2.オープン日
2009年2月25日(水曜)10:00

3.場所
大阪市北区梅田1丁目10番1号 梅田DTタワーB1F
「ドコモモバイルメディアラボ梅田+ONE(プラスワン)」内に併設

4.営業時間
10:00〜20:00【年中無休】

5.施設の特長

(1)サービスメニューの充実

  • 車椅子利用者、視覚障がい者を対象とした最寄り駅注意1 までの送迎サポート
  • 広いスペースでゆっくりとご相談いただける個室カウンター「ハーティルーム」を設置
  • 手話スタッフやテレビ電話応対サポート注意2、簡易筆談装置、磁気ループシステム注意3 による応対
  • ご高齢の方やハンディキャップを持った方の歩行などをお手伝いする「サービス介助士」注意4 が常駐
  • 「サウンドリーフ」、「音声入力メール」などハーティ商品・サービスを体験いただける「ハーティコーナー」を設置
  • 「英語ツール」、「点字ツール」(英語や点字で表記した総合カタログ、取扱説明書など)をご用意

(2)施設デザイン上の配慮

  • 視覚に障がいのあるお客様にも配慮した音声ガイドによる入口のご案内
  • 床・廊下の段差を解消したオールフラット床を採用
  • 足裏の触感や明度差で識別できる「店内誘導ライン」を設置
  • 台の高さや陳列の奥行きに配慮した展示台の設置
  • 広いスペースで車イス対応トイレやオストメイト注意5 対応器具などを備えた「多目的レストルーム」を設置

(3)その他のサービス・設備

  • 「ハーティセミナー」(ハンディキャップを持った方、ご高齢の方を対象としたケータイ教室等)の開催
  • 応対内容を録音しお持ち帰りいただく「録音サービス」
  • 車イス・ベビーチェアの常備
  • 自動体外式除細動器(AED)の設置
  • 注意1:JR大阪・北新地駅、阪急電鉄・阪神電気鉄道の各梅田駅、大阪市営地下鉄の梅田駅・東梅田駅・西梅田駅が対象です。
  • 注意2:テレビ電話応対サポート:テレビ電話を利用して手話通訳者や外国語通訳者(5ヶ国語に対応)が通訳で受け答えするシステム。
  • 注意3:磁気ループシステム:音声信号を磁気誘導アンプから床に敷設したループアンテナに送り、誘導磁界を発生させ、音声磁場を作ることで、対応の補聴器や受信器でその磁気を受信し、音声信号に変換することで、雑音の少ないクリアな音声を聴くことができるシステム。
  • 注意4:「サービス介助士」資格:お年寄りやお身体の不自由な方の移動や施設利用をサポートすることに必要な知識や技術を習得する民間資格。(NPO法人・日本ケアフィットサービス協会により認定)
  • 注意5:オストメイト:人工肛門、人工膀胱を利用されている方。

6.施設イメージ図

施設イメージ図 画像

このページのトップへ