iPhone 8、iPhone 8 Plus 予約受付中!今すぐ予約 詳細はこちらiPhone 8、iPhone 8 Plus 予約受付中!今すぐ予約 詳細はこちら

閉じる閉じる

南海トラフ巨大地震に備えた災害対策が完了

〜基地局の基盤を強化して、想定被災エリアの通信を確保〜


2015年3月23日
株式会社NTTドコモ関西支社

株式会社NTTドコモ関西支社(以下、ドコモ関西支社)は、南海トラフ巨大地震での津波による想定被災エリア注意1において、基地局の基盤を強化して有事の際も通信を確保する災害対策を2015年3月20日(金曜)に完了しました。

南海トラフ巨大地震が発生すると、沿岸部などでは津波による浸水被害などが想定されます。その津波により基地局の伝送路が断線、電力供給が途絶え通信が確保できないなどの被害を受ける可能性がありますが、直接的な被害注意2を受けないと想定される合計35局(大阪府5局、兵庫県16局、和歌山県14局)の基地局の基盤を強化することで、有事の際も想定被災エリアでご利用いただいている約96%注意3のお客様の通信を確保することが可能となりました。

対策内容

1 伝送路の二重化 津波などで有線(光回線)の伝送路が流され断線してしまった場合でも、無線(マイクロ回線)で2重化をしておくことで、通信を確保
2 通信用補助電源の長時間化 電力供給が途絶え通信が確保できない場合でも、大容量の燃料電池を設置することで3日間の通信を確保
3 遠隔からのエリアコントロール 被災エリアの基地局が直接的な被害を受け通信が確保できない場合でも、周辺基地局の電波の発射角度を遠隔でコントロールすることで被災エリアの通信を確保

注意 対策内容のイメージ図は、別紙参照

ドコモ関西支社では、本取り組み以外にも移動基地局車や可搬型衛星エントランス基地局の配備に加え、災害対策機器の操作技術の習得や応急復旧人員の拡大などを目的とした設備応急復旧総合訓練を実施するなど、さまざまな場面を想定した災害対策を実施しております。

今後も、大規模災害時の安定的な通信確保、更なるお客様の利便性向上を目指して、積極的に取り組んでまいります。

  • 注意1 大阪府・兵庫県・和歌山県の1府2県の沿岸部。内閣府や各自治体が発表している浸水域などの被害想定をもとに、ドコモ関西支社で被災エリアを想定。
  • 注意2 基地局本体そのものが津波による浸水被害などを受けること。基盤を強化した携帯電話基地局は、直接的な被害は受けないと想定される基地局を選定。想定被災イメージは、別紙参照。
  • 注意3 大ゾーン基地局および今回基盤を強化した基地局の両方を運用した場合の値。

別紙

大阪府・兵庫県・和歌山県沿岸の対策イメージ

大阪府・兵庫県・和歌山県沿岸の対策イメージ

対策内容イメージ

対策内容イメージ

被災想定イメージ

被災想定イメージ

このページのトップへ