全国で初、沖縄の路線バス(那覇バス)に、後払い電子マネー
「iD」決済サービスを導入!

ロゴ画像

2012年5月18日

 全国展開の大手タクシー会社、第一交通産業株式会社(以下:第一交通産業)は、グループ会社の那覇バス株式会社(以下:那覇バス)の路線バスにおける決済方法を拡大いたします。
 両社は、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ九州支社(以下:ドコモ )、モバイルクリエイト株式会社(以下:モバイルクリエイト)および三井住友カード株式会社(以下:三井住友カード)と協力し、後払い電子マネー「iDTM(アイディ)」注意1の決済サービスを、2012年5月19日(土曜)に那覇バス(市内線)約80台で開始いたします。
 路線バス車内における「iDTM」決済サービスの導入は、全国で初となります。注意2

 那覇バスは、沖縄本島において、路線バス・観光バス・特定バス事業を営んでおり、沖縄本島の民間乗合バス会社4社のうちの1社です。
 那覇バスでは、乗車料金のお支払について、従来、現金(含む定期券、回数券)のみを受け付けておりましたが、今回の後払い電子マネー「iD」決済サービスの導入により、利用者の支払方法を多様化するとともに、現金での支払いに比べ決済時間が短縮することからスムーズな乗車の促進が見込めます。

 尚、路線バスの運賃箱への「iD」決済対応のリーダライターの導入、ならびに売上データの送信は、モバイルクリエイトが対応いたします。

 第一交通産業では、2008年4月から後払い電子マネー「iD」を福岡県、熊本県、鹿児島県のタクシー全車両に順次導入(現在約1,400台に導入)しており、多くのお客様にご好評頂いております。このたび、新たに那覇バスの路線バスでも、「iD」決済に対応した端末を導入することで、沖縄にお住まいの方はもちろんのこと、全国各地から沖縄を訪れる方の決済ニーズに幅広く対応いたします。

 また、ドコモ、モバイルクリエイトおよび三井住友カードは、お客様の利便性向上を図るため、電子マネー決済普及に向けて、今後も協力してまいります。

イメージ 画像
  • 注意 1 「iD」は株式会社NTTドコモの商標です。
  • 注意 2 三井住友カード調べ(2012年4月末時点)

このページのトップへ