水俣市がAR(拡張現実)を活用したスマートフォンアプリを提供開始
〜学生デザインの萌えキャラがムービーで水俣市を観光案内〜

ロゴ画像

2013年8月26日

 熊本県水俣市(以下水俣市)は、株式会社電盛社、総合学園ヒューマンアカデミー福岡校ならびに株式会社NTTドコモ九州支社(以下ドコモ)と共同で、観光案内動画を表示できる、AR(拡張現実)機能を使ったスマートフォン向けアプリケーションを2013年9月1日(日曜)より提供開始いたします。

導入内容

ARマーカー

スマートフォンのカメラを通して観光スポットにあるマーカーに合わせると、スポットリストや、水俣市のFacebookページを表示させる。

ARマーカー 画面イメージ

ムービー紹介機能

既存の観光案内向け動画を活用し、水俣市萌えおこしキャラクターの『みぃーな』と『あんな』が案内人として、動画に現れる。

ムービー紹介機能 画面イメージ

アプリケーションについて

提供アプリケーション名

「みぃーなとあんなの 水俣おでかけ案内 みな★あん!」
(AndroidTM・iPhone対応。Android4.0以上。)

サービス開始日

2013年9月1日(日曜)

アプリケーション利用料金

無料 注意ダウンロード時に別途パケット通信料がかかります。

 ドコモは、お客様一人ひとりのスマートライフのパートナーとして、お客様の生活が安心、安全、便利で快適になるように取り組んでまいります。

  • 注意「Android」はGoogleInc.の登録商標です。

このページのトップへ