iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 発売中!詳細はこちらiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 発売中!詳細はこちら

閉じる閉じる


2006年11月23日

読売新聞「クローン携帯初確認」との報道について



   11月23日付けの読売新聞朝刊にて「クローン携帯初確認」との報道がなされております。この事象は、海外の携帯電話事業者との相互接続(国際ローミング)で海外において通話を行う際、海外の携帯電話事業者側の交換機が認証行為を実施していなかったことにより発生した誤接続・誤課金であります。
   いわゆるクローン携帯の製造は、技術的に不可能との認識は従来と変わるものではありません。
   お客様にご心配をおかけした事をお詫びするとともに、本件に関わる事実をご理解いただくようお願い申し上げます。


【発生した事象】
   報道された事象は、海外の携帯電話事業者側において交換機での認証をしない設定になっていたため、解約済みFOMAカードが挿入されたと推定される携帯電話から海外で発信した際に通話できてしまった事象です。
   なお、本件は海外のパケット通信ではなく音声通話で発生したものであり、2006年2月以降、同事象は発生しておりません。
   2005年9月に当社としてこの事象を初めて確認し、海外との全通話を監視した結果、2006年2月までに6件の発生を確認いたしました。本事象に該当されるお客様には、お詫びの上対応し、通話料の返還をさせていただいております。

【発生原因】
   携帯電話では、電話番号以外に携帯電話事業者が管理運用している個別の番号(IMUI)があります。この個別の番号と、端末とネットワークがそれぞれ持つ認証キーによって、携帯電話の接続に関する認証を行いますが、海外事業者の一部の交換機において例外的にこの認証を行わない設定になっており、かつ解約済みのFOMAカードに書き込まれているIMUI番号と同じIMUI番号が契約中の状態であったため、通話を接続してしまったことから、本事象が発生したものです。

【対処】
   当該海外携帯電話事業者に対し個別に交換機での認証を実施するよう依頼するとともに、国際会議においても、この事象を報告し、注意喚起、および改善依頼を行っております。
加えて、ドコモ側においても、2006年2月に正しい認証手続きを行わない交換機については、ドコモ側交換機で接続を拒否する機能を付加するとともに、この事象を継続して監視する機能を追加し、監視確認を行っております。

このページのトップへ