新たな災害対策の取り組み状況について


2012年2月23日

平素はNTTドコモのサービス・商品をご利用いただき、誠にありがとうございます。

ドコモは、東日本大震災の教訓を活かし、災害時における重要エリアを中心とした安定的な通信の確保、被災エリアへの迅速な対応、お客様の更なる利便性向上に向けた「新たな災害対策」を2011年4月より、策定し実行してまいりましたが、このたび、一連の取り組みについて、概ね完了いたしました。

今回、新たな災害対策の取り組みとして、災害時にパケット通信で安否等を音声のメッセージで伝える「災害用音声お届けサービス」を、2012年3月1日(木曜)より提供いたします。
また、緊急速報「エリアメール」において、気象庁が発表する「津波警報注意1」の配信を2012年2月24日(金曜)より開始いたします。
さらに、災害時はGoogle「パーソンファインダー注意2」やTwitter社と連携し、ICTを活用した被災地支援の取り組みを推進いたします。

詳細は、以下の通りです。


  • 注意1 気象庁から発表される「津波警報(大津波)」と「津波警報(津波)」が対象です。
  • 注意2 災害時はGoogleより提供されます。

ドコモは今後もお客様への一層のサービス向上に取組んでまいりますので、何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

Adobe Reader を入手する(別ウィンドウが開きます)

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている別ウィンドウ:Adobe® Reader® プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ