iPhone XR 予約受付中!今すぐ予約iPhone XR 予約受付中!今すぐ予約

閉じる閉じる

楢葉町の子どもたちに記念Tシャツの寄贈


2016年3月2日

この度、2015年12月7日(月曜)に報道発表させていただきました「東日本大震災の被災地自治体等に対して新たに復興支援の取り組みを実施」につきまして、被災地自治体等への直接の支援として「楢葉町の子どもたちに記念Tシャツの寄贈」を行います。


内容

NTTドコモ 東北復興新生支援室にて協力している「第二回明日を夢見るドレス(※1)絵画コンクール」(募集期間:2015年10月〜12月)において、「docomo×ベネトン賞」を設定させていただきました。
本コンクールにおいて、同賞を楢葉町の保育園児・小学生の作品が受賞いたしました。受賞に合わせて、ドコモの東北応援社員募金(※2)の一環で、楢葉町の子どもたちにこのTシャツを寄贈いたします。
寄贈するTシャツは、子供たちが描いた作品をNTTドコモの社員が選考を行い、ベネトンのファブリカ(※3)がこの作品をもとにデザインし、ユナイテッド カラーズ オブ ベネトンがTシャツを製作いたしました。
当日は、楢葉町立あおぞらこども園楢葉保育所、楢葉町立楢葉南小学校、楢葉町立楢葉北小学校、楢葉町立楢葉中学校が、園児、小学生、中学生を集め、記念Tシャツの贈呈式典と、「docomo×ベネトン賞」の表彰式を実施いたします。


実施日

2016年3月3日(木曜)

寄贈先

楢葉町立あおぞらこども園楢葉保育所
楢葉町立楢葉南小学校
楢葉町立楢葉北小学校
楢葉町立楢葉中学校

出席者

楢葉町教育委員会
明日を夢見るドレス実行委員 平松 利枝子
ベネトン・ジャパン株式会社
NTTドコモ 東北復興新生支援室、CSR部、東北支社広報室 他


2015年12月7日 東日本大震災の被災地自治体等に対して新たに復興支援の取り組みを実施

  • 注意1 2014年、パリコレにて平松利枝子(小児心理士・フォトジャーナリスト)がドレス制作のコンセプターに就任。三重県志摩市でうまれた真珠を1000個あまり使用したそのドレスを「明日を夢見るドレス」と名付けました。東日本大震災の被災地支援への想いを込めて製作されたそのドレスを、東北支援に活かすことをパリコレにて公約しました。その後、明日を夢見るドレス実行委員会を設立。全国の子どもたちへ「明日を夢見るドレス絵画コンクール」としてドレス絵を公募し、最優秀賞作品は実際にドレスとして製作し、国内・国外に発信します。第一回コンクールでは、2015年8月20日にドコモ東北支社ビルにてドレスのファッションショーを開催しました。
  • 注意2  東日本大震災の被災地を継続的に支援していくために、2012年度からドコモ及びドコモグループ社員を対象とした「東北応援社員募金」制度を設けています。東北応援社員募金は、賛同した社員から1名につき毎月311円を募金として集め、社員からの募金総額に会社からの募金を上乗せして寄付するもので2015年度はドコモグループ社員約9,400人がこの取り組みに参加しています。
  • 注意3  1994年に生まれたベネトンのコミュニケーション・リサーチセンター。ベネトン・グループが世界、または社会に向けて発信をする際の中心的役割を果たしています。

このページのトップへ