iPhone XR 予約受付中!今すぐ予約iPhone XR 予約受付中!今すぐ予約

閉じる閉じる

福島県双葉町の避難住民コミュニティ活動強化に向けた寄付


2016年3月18日

この度、2016年12月7日(月曜)に報道発表させていただきました「東日本大震災の被災地自治体等に対して新たに復興支援の取り組みを実施」につきまして、被災地自治体等への直接の支援として「福島県双葉町の避難住民コミュニティ活動強化に向けた寄付」を行います。

内容

福島県双葉町は東日本大震災の影響により、避難生活を余儀なくされている町民に「特定非営利活動法人双葉ふれあいクラブ」を通じ、スポーツを通じた住民コミュニティ活動の強化に取り組んでおります。
ドコモでは、本取り組みに賛同し2012年度から始めている、「東北応援社員募金」の一部をスポーツを通じた住民コミュニティ活動の強化に必要な施設の整備や器具の購入費用として寄付を行います。

実施日

2016年3月22日(火曜)

場 所

双葉町役場 いわき事務所

出席者

双葉町長、双葉町教育長、秘書広報課長
特定非営利活動法人双葉ふれあいクラブ ゼネラルマネージャ、理事長、事務局長、
株式会社NTTドコモ CSR部担当部長、東北復興新生支援室担当部長
株式会社ドコモCS東北 福島支店 法人営業担当部長 ほか
計 約20名

スケジュール

贈呈式 13時〜
・出席者紹介
・贈呈者挨拶
・目録による寄付贈呈
・双葉町からお礼のご挨拶(伊澤町長)
・今後の活動予定等

参考:東北応援社員募金について

ドコモでは、東日本大震災の被災地を継続的に支援していくために、2012年度からドコモ及びドコモグループ社員を対象とした「東北応援社員募金」制度を設けています。東北応援社員募金は、賛同した社員から1名につき毎月311円を募金として集め、社員からの募金総額に会社からの募金を上乗せして寄付するもので2015年度はドコモグループ社員約9,400人がこの取り組みに参加しています。

2015年12月7日 東日本大震災の被災地自治体等に対して新たに復興支援の取り組みを実施

このページのトップへ