iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちらiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちら

閉じる閉じる


『災害時におけるドコモの役割』についての特別授業を名古屋市立平田小学校で実施


2010年10月21日

株式会社NTTドコモ東海支社は、「名古屋市立平田小学校」(所在地:名古屋市西区)において、5年生の社会科授業の一環として、『災害時におけるドコモの役割について』の特別授業を、2010年10月26日(火曜)に実施いたします。

平田小学校では、行政やインフラ事業者などが協力する「防災情報ネットワーク」についての学習を行っており、この度、災害時におけるドコモの役割や働きを取り上げたいとのご要望をいただき、特別授業を開催する運びとなりました。
NTTドコモ東海支社では、災害時におけるドコモの取り組みやケータイの有効活用方法を広くご理解いただけるよう様々な活動を行っておりますが、小中学校などの教育機関での実施は初めてとなります。

NTTドコモ東海支社では今後も、災害に強い通信ネットワークの構築とともに、行政機関や教育機関を通じて、地域の皆様に広くご理解いただける取組みを行ってまいります。

概要

実施日時 2010年10月26日(火曜) 午前11時50分〜午後0時35分
実施場所 名古屋市立平田小学校 視聴覚室 (愛知県名古屋市西区西原町88)
参加予定児童 名古屋市立平田小学校5年生(74名)
授業内容
  • 災害に対するドコモの取り組み
  • 携帯電話の現状と特徴
  • 災害が起きると携帯電話は…
  • エリアメールの体験
  • 衛星携帯電話の体験
  • iモード災害伝言板の体験
  • 移動無線基地局車の見学

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新のお問い合わせ先は、お問い合わせをご覧ください。

このページのトップへ