iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちらiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 発売中! 詳細はこちら

閉じる閉じる


大規模災害時の帰宅困難者へ自社ビルを開放


2015年3月3日

株式会社NTTドコモ東海支社は、2015年3月3日以降、大規模災害発生時に公共交通機関の運行が停止するなどの理由により、徒歩での帰宅を余儀なくされた方々に対する支援場所として、東海地域の自社ビル3ヶ所注意1を開放いたします。

開放する自社ビルでは、災害発生時に、携帯充電サービスをはじめ、徒歩帰宅者が安全に帰宅できるよう飲料水や非常食の提供、また、安心して休憩していただくためのスペースやトイレ、毛布等を提供いたします。

内閣府によると、南海トラフ巨大地震が発生した場合、中京圏で約110万人注意2の帰宅困難者が発生すると予想されており、帰宅困難者の一時滞在施設やトイレ等の休憩施設の不足が課題となっております。そのためドコモでは、自社ビルの開放により、徒歩帰宅者の安全確保や支援場所等の提供を行ない、帰宅困難者の課題解決の一助となるよう、本取組みを実施してまいります。

今後もドコモは、大規模災害時の安定的な通信確保や被災エリア等への迅速な対応を通じて災害時においても更なるお客様の利便性向上を目指して取組んでまいります。

開放を予定する東海地域の自社ビル

概要

ドコモが所有する東海地域の自社ビルの一部を2015年3月3日以降、大規模災害時の徒歩帰宅者向けの支援場所として開放する。

開放する自社ビル一覧

県名 ビル名 住所
愛知県 ドコモ名古屋ビル 愛知県名古屋市東区泉1-13-23
静岡県 ドコモ静岡ビル 静岡県静岡市葵区長沼716-11
岐阜県 ドコモ岐阜ビル 岐阜県岐阜市香蘭1-2

提供サービス

飲料水、非常食、毛布、トイレ設備、携帯電話充電サービス、テレビ・ラジオ等による災害情報

その他

災害発生に伴い、自社ビルを開放する場合は、ビルの入り口等、帰宅困難者の目に触れる場所に施設開放案内を掲示いたします。

  • 注意1 開放スペースは、エントランス等になり、ドコモの安全基準に則り、安全が確認できた場合に開放いたします。区分所有ビルも含む。
  • 注意2 内閣府「南海トラフ巨大地震で想定される被害(平成25年5月28日)」より。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ