地域からのお知らせ(東海)

モビリティランドとNTTドコモ
「新たなモータースポーツの観戦スタイルとレースの創造」に関する連携協定を締結
<2019年3月2日>

株式会社モビリティランド
株式会社NTTドコモ 東海支社

株式会社モビリティランド(以下、モビリティランド)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、2019年3月2日(土曜)、鈴鹿サーキットで開催されているモースポフェス2019SUZUKAの中で「新たなモータースポーツの観戦スタイルとレースの創造」に関する連携協定を締結しました。

ドコモは「高速大容量」「低遅延」「多数端末接続」を特長とする次世代のネットワーク5Gについて、2019年9月のプレサービス、2020年の本サービス開始に向けて、さまざまなパートナーと実証実験を進めています。

今回鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドとドコモは、来場したお客さまへのサービス向上のため、「新たなモータースポーツの観戦スタイルの創造」と「サーキットを活かした新たなレースの創造」を目指して、5G等の情報通信技術を活用した実証実験やサービス構築を行うことで一致しており、多くのモータースポーツファンが集まるこの機会をとらえ、協定を結びその動きを加速させていきます。

今後検討していく内容については、下記項目を計画しています。

  • LMV(Live Multi Viewing)×MR(Mixed Reality)による新たな観戦スタイルの実現
    • モースポフェス2019SUZUKA
  • 2019年8月開催予定の鈴鹿10時間耐久レースにおける実証実験等の検討
またその中でLMVの実証実験については、新たな観戦スタイルの確立に向けて下記「実証実験システム構成」による実験を進めていきます。

今後も、ドコモはさまざまな企業・団体との協創を通じて、お客さまのさらなる利便性向上と地域の活性化に取組んでまいります。

実証実験システム構成

新たなレース観戦スタイルの確立に向けて、コース全体のマルチ映像をリアルタイムに配信できる「Live Multi Viewing」を用いた、映像情報配信システムを導入し、5Gを経由して各種デバイスへリアルタイムにレース映像を送受信させる実証実験を実施します。


  • 「Live Multi Viewing」は、TBS・WOWOW・NIXUSが共同で開発しました。
  • 「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ