身に覚えのない自分からのメールにご注意ください!

2016年12月20日

自分のメールアドレスになりすましたメールに注意!

昨今自分のアドレスからメールを送っているように見せかけるなりすましメールが増えています。

自分宛にメールを送った記憶がない場合は、メールを開かずに削除し、なりすましメールを防ぐ設定を行うことが重要です。

そもそも自分のメールアドレスになりすましたメールって何?

自分のメールアドレスになりすましたメールとは、メール送信者の情報(メールアドレス等)を、メール受信者の情報(メールアドレス等)に偽装したメールのことです。
パソコンからメールを送信する場合、送信者情報が正しいかどうかを確認する方法がないため、送信者情報(送信者アドレス、ヘッダ情報等)が簡単に変更ができてしまいます。
そのため、パソコンのアドレスをたとえばドコモのアドレス(××@docomo.ne.jp)に変更することができますので、あたかも自分のアドレスからメールが送られてきたように見せかけることができるのです。

①通常の電子メールの送信例:正当な送信者からのメールは送信者のメールアドレスと送信されたメールのドメインが一致しています。①通常の電子メールの送信例:正当な送信者からのメールは送信者のメールアドレスと送信されたメールのドメインが一致しています。
②自分のメールアドレスになりすましたメールの送信例:なりすまし送信者からのメールは、異なるドメインを使用している第三者が、受信者のメールアドレスに偽装して電子メールを送信しています。②自分のメールアドレスになりすましたメールの送信例:なりすまし送信者からのメールは、異なるドメインを使用している第三者が、受信者のメールアドレスに偽装して電子メールを送信しています。

自分のメールアドレスになりすましたメールを受け取った場合の対処方法

自分のメールアドレスになりすましたメールの拒否設定を行う

迷惑メール対策の「なりすましメールの拒否設定」を行うことで、自分のメールアドレスをなりすましたメールを拒否することができます。
今後同じようなメールを受信しないよう、あらかじめ設定をしておきましょう。

設定方法

Androidスマートフォン/iPhone・iPadから

dメニュー⇒My docomo(お客様サポート)⇒メール設定

ドコモケータイ(spモード)から

ブラウザボタン⇒dメニュー・検索⇒My docomo(お客様サポート)⇒メール設定

らくらくスマートフォンから

dメニュー・検索⇒My docomo(お客様サポート)⇒サービス・メールなどの設定(開く)⇒メール設定

らくらくホン(spモード)から

ブラウザボタン⇒dメニューを見る⇒My docomo(お客様サポート)⇒メール設定

画面イメージ:「メール基本設定」画面
(1)「指定受信/拒否設定」を押下
画面イメージ:「指定受信/拒否設定」画面
(2)【設定を利用する】を押下し、「次へ」を押下
画面イメージ:「指定受信/拒否設定の詳細設定」画面
(3)「受信するメールの選択」を押下
画面イメージ:「パソコンなどのメール受信設定」画面
(4)【受信する】を選択
  • パソコンからのメールを受信しなくてもよい場合は【受信しない】を選択。((5)以降の設定は不要)
画面イメージ:「なりすましメールの拒否設定(携帯・PHS)」画面
(5)【拒否する】を選択
画面イメージ:「なりすましメールの拒否設定(パソコンなど)」画面
(6)送信元アドレスがパソコンなどのメールアドレスになりすましたメールについて【全て拒否する/存在しないドメインからは拒否する/拒否しない】を選択し【確認する】を押下
画面イメージ:「設定内容確認」画面
(7)設定内容をご確認のうえ、「設定を確定する」を押下
画面イメージ:「設定完了」画面
(8)設定完了

  • Apple、Appleのロゴ、Apple Watch、iPad、iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、別ウインドウが開きますアイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。TM and © 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • 「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
このページのトップへ