ログイン

ログアウト

一部情報が取得できませんでした。詳細はお客様情報表示についてをご確認ください。

My docomo利用規約に未同意でした。利用規約をご確認ください。

迷惑メールの現状・問題

携帯電話発迷惑メールは減少

ドコモ契約者に対する利用停止/契約解除措置、その他iモード・spモードからの迷惑メールを防止するための諸対策(1000通送信制限、大量送信者からのメール受信拒否機能など)の実施および、ドコモ以外の携帯電話/PHS事業者においても同様の対策を実施したことにより、携帯電話/PHS発の迷惑メールは着実に減少しております。

メールアドレス収集を目的とした(インターネット)発の宛先不明メールが大きな問題

迷惑メールには、実在するメールアドレスに無作為に送りつけられるメールの他に、実在するメールアドレスを収集するために送信される大量の宛先不明メールがあり、そのほとんどがパソコン(インターネット)から送信元を詐称して送信されております。お客様が受信される迷惑メールは減少しておりますが、迷惑メール業者はいまもなお、インターネットから、一日に約9億通を超える大量の宛先不明メールの送信を繰り返しております。

ドコモの取組み方針

ドコモはお客様に安心して利用いただくため、以下の方針で迷惑メール根絶にむけ取組んでおります。

『ドコモは迷惑メールを送信させない』

ドコモ契約者に対して利用停止/契約解除措置を講じるとともに、iモード・spモードからの迷惑メール送信を防止するための諸対策を講じております。また、インターネットからの迷惑メール送信に関しても、インターネットプロバイダ事業者(ISP)に対し、迷惑メール送信者への対策・措置(利用停止など)を実施するよう、引き続き働きかけをしてまいります。

『メールアドレス収集目的の宛先不明メールをドコモ側でブロックする』

メールアドレス収集目的の宛先不明メールからお客様のメールアドレスを守るためにも、今後も引き続き受信ブロックを実施してまいります。

『迷惑メールを受け取らない設定機能をお客様に提供する』

既に提供しております「URL付きメール拒否設定」、「受信/拒否設定」に加え、2007年11月より、なりすましメール対策としてインターネットからの送信元情報を詐称したメールを拒否する機能や、送信元アドレスに指定したドメイン部分が含まれる場合に受信を拒否する「ドメイン指定拒否」機能を追加し、さらにこのような迷惑メール対策を簡易にご利用いただけるようにするための「かんたん設定」機能を提供するなど随時新たな機能の提供を検討して参ります。また、お客様ごとに効果的な対策機能をご利用いただくために、ドコモショップにおいて設定方法をご案内させていただきます。

受信ブロックおよびパソコン(インターネット)からのメールの滞留について

受信ブロックの必要性

受信ブロックを実施しなければ、ドコモの設備が輻輳し、全国的にEメールサービスを提供できなくなるほか、お客様のメールアドレスが迷惑メール業者に収集・名簿化され、迷惑メールの受信につながる恐れがあります。

パソコン(インターネット)からiモード・spモードへ送信されるメールの滞留について

受信ブロックにより拒否されたメールは、送信側インターネットプロバイダ事業者などの設備に滞留し、当該設備を利用した受信ブロック対象外のメール送信が、一時的に滞るなどの影響がおよぶ場合がございます。ドコモでは、善良なお客様に影響がおよぶことのないよう、送信側プロバイダに対し、当該滞留事象に対する対処や迷惑メール送信者に対する対策・措置(利用停止など)を実施するよう働きかけをしております。

パソコン(インターネット)などからiモード・spモード宛にメールを配信されるお客様へのお願い

送信先のお客様がメールアドレスを変更された場合などにも、宛先不明メールとなりますので、メールを送信される際には、宛先の指定にご注意いただくとともに、送信できなかったメールアドレスの確認・修正・除去などにより、メンテナンスいただくようご協力をお願いいたします。また、「受信/拒否設定」などの送信先のお客様側の受信設定に関するご案内にもご注意いただきますようお願いいたします。

このページのトップへ