ご利用規約

ドコモ留守電アプリ利用規約

株式会社NTTドコモ(以下「当社」といいます。)は、当社が別途定めるXiサービス契約約款又はFOMAサービス契約約款(以下総称して「契約約款」といいます)のほか、この「ドコモ留守電アプリ利用規約」(以下「本規約」といいます。)を定め、これにより「ドコモ留守電アプリ」(契約約款に定める「メッセージダウンロード機能」をいい、以下「本アプリ」といいます。)を提供します。この場合において、本規約は、契約約款の一部を構成します。

第1条(規約の適用)

本規約は、本アプリの利用に関する当社との間の一切の関係に適用されます。本規約の内容に同意しない場合、本アプリを利用することはできません。

第2条(用語の定義)

本規約において、次の各号に掲げる用語の意味は、当該各号に定めるとおりとします。

  1. 利用契約:当社から本アプリの提供を受けるための本規約に基づく契約をいいます。
  2. 契約者:当社との間で利用契約を締結した者をいいます。
  3. 本アプリサーバ:当社が本アプリを提供するために設置する電子計算機(サーバ)を言います。
  4. 本アプリ情報サイト:本アプリに関する情報を掲載した当社のインターネットウェブサイト<https://www.nttdocomo.co.jp/service/answer_phone/>(当該URL配下のインターネットウェブサイトを含み、当社がそのURLを変更した場合は、変更後のURLとします。)をいいます。なお、本規約において本アプリ情報サイト上に定めることとしている条件については、本アプリ情報サイト上の定め(本アプリ情報サイト上の定めが変更された場合は変更後のものとします。)も、本規約の一部を構成し、本規約の内容に含まれるものとします。
  5. 対応端末:Android OS搭載端末のうち、当社が本アプリを利用することができる端末として別途本アプリ情報サイト上で指定する端末をいいます。

第3条(本アプリの機能等)

  1. 当社は、本アプリを通じて、契約者に対し、次の各号に掲げる機能(以下「本機能」といいます。)を提供します。本アプリの詳細は、本アプリ情報サイト上に定めるとおりとします。なお、対応端末の種別、本アプリのバージョン等によっては、利用できる機能に制限がある場合があります。
    1. 伝言メッセージの音声ファイルを音声ファイル蓄積装置からアプリにダウンロードすることができる機能
    2. 伝言メッセージの音声ファイルをアプリ上で再生、削除することができる機能
    3. 伝言メッセージの音声ファイルをテキスト化することができる機能
    4. 伝言メッセージの音声ファイルをアプリ外にエクスポートすることができる機能
  2. 本アプリの利用には、対応端末が必要となります。
  3. 本アプリの利用には、留守番電話サービス(当社が定める「留守番電話サービス利用規約」に規定するものをいいます。以下同じとします。)及びspモード(当社が定める「spモードご利用規則」に規定するものをいいます。以下同じとします。)に加入する必要があります。留守番電話サービス及びspモードのご利用には、本アプリの利用にかかわらず、留守番電話サービス利用規約及びspモードご利用規則の規定により別途利用料が発生します。
  4. 本アプリにてダウンロードすることができる音声ファイルの数は最大100件となります。それ以降は、新しい音声ファイルをダウンロードする際に、保護されている音声ファイルを除いて古い音声ファイルから削除されます。
  5. 圏外などで本アプリにダウンロードできなかった音声ファイルは、伝言メッセージの録音から72時間経過後、留守番電話センターから削除されます。
  6. 前(5)項の規定によるほか、本機能の利用中止等があったときは、既に保存されている伝言メッセージが消去されることがあります。 この場合、消去された伝言メッセージの復元はできません。

第4条(本アプリの音声認識精度)

当社は、本アプリの音声認識精度については、その向上について努めるものとしますが、これを保証するものではありません。

第5条(利用契約の成立)

利用契約は、本アプリ画面上に表示される「利用する」ボタンが押下された時点で、当社との間に成立し、その効力を生じるものとします。なお、未成年者が当社との間で利用契約を締結するにあたっては、法定代理人(親権者又は未成年後見人)の事前の同意を得るものとします。

第6条(知的財産権等)

  1. 本アプリに係る著作権等の知的財産権その他一切の権利は、当社に帰属します。利用契約の締結は、契約者に対してこれらに関する何らの権利を移転するものではなく、契約者は、利用契約に基づく本機能の利用に必要な範囲に限って、本アプリを使用することができるものとします。
  2. 前項の規定にかかわらず、本アプリの提供を通じて契約者に提供される情報(以下「本情報」といいます。)の著作権は、契約者に帰属しますが、当社は、本情報について、第9条に定める事項のほか、本アプリの提供に必要な範囲に限り利用(当該利用に必要な範囲内での複製、編集、翻訳・翻案、送信等を含みます)できるものとします。

第7条(禁止事項)

  1. 契約者は、本アプリの利用にあたって次の各号に該当する行為を行ってはならないものとします。
    1. 当社若しくは第三者の著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権等の知的財産権、プライバシーその他の権利若しくは利益を侵害する行為、又はそれらのおそれのある行為
    2. 公序良俗に反する行為若しくは公序良俗に反する情報を第三者に提供する行為、又はそれらのおそれのある行為
    3. 犯罪的行為、犯罪的行為に結びつく行為若しくは法令に違反する行為、又はそれらのおそれのある行為
    4. 事実に反する情報又はそのおそれのある情報を提供する行為
    5. 当社若しくは第三者の名誉若しくは信用を毀損する行為、又はそれらのおそれのある行為
    6. 本アプリサーバその他の当社の設備に対して過度な負担を与える行為、当社による本アプリの提供を不能にする行為その他当社による本アプリの提供に支障を与え、若しくはその運営を妨げる行為、又はそれらのおそれのある行為
    7. コンピュータウイルス等有害なプログラムを、本アプリを通じて、若しくは本アプリに関連して使用し、若しくは提供する行為、又はそれらのおそれのある行為
    8. 本アプリについて、複製、公衆送信(自動公衆送信の場合にあっては、送信可能化を含みます。)、伝達、譲渡、貸与、変形、翻案等の利用を行うなど、本アプリを第6条(知的財産権等)に定める範囲を超えて利用し、又は使用する行為
    9. 本アプリについて、改変若しくは改ざんを行い、又は逆コンパイル、逆アセンブル等のリバースエンジニアリング(主に、内容を解析して、人間が読み取り可能な形に変換することを指します。)を行う行為
    10. 本アプリに付されている著作権表示その他の権利表示を除去し、又は変更する行為
    11. 当社の定める手順に反する方法で本アプリをインストールし、使用する行為
    12. その他当社が不適切と判断する行為
  2. 当社は、契約者が前項のいずれかに該当する行為を行った又は行うおそれがあると認めるときは、直ちに本アプリの提供を停止する場合があります。この場合には、第10条の規定を準用します。
  3. 当社は、契約者が第(1)項のいずれかの行為を含む行為により第三者に損害を生じさせたとしても、責任を負いません。

第8条(利用料)

本アプリの利用料は無料ですが、本アプリの利用(本アプリのダウンロード及びバージョンアップを含みますが、これらに限られません。)に伴い別途通信料が生じる場合があります。この場合の通信料は、契約者の負担となります。

第9条(個人情報等)

  1. 当社は、本アプリの提供にあたり、契約者から取得する個人情報を、次に掲げる目的その他当社が別に定める「NTTドコモ プライバシーポリシー」(当社がそのURLを変更した場合は、変更後のURLとします。)に掲げる目的で当該目的達成に必要な範囲で利用します。
    1. 音声認識精度向上の目的
  2. 当社は、次の各号に掲げる情報をそれぞれ当該各号に掲げる第三者に提供する場合があります。
    1. テキスト化に関する情報:株式会社アドバンスト・メディアに提供します。
  3. 本アプリを通じて取得し、又は蓄積される情報の取扱いについては、前二項に定めるほか、当社が本アプリの提供に関して別途定める「アプリケーション・プライバシー・ポリシー」に定めるところに従います。

第10条(提供中断)

  1. 当社は、次の各号のいずれかに該当すると当社が判断したときは、本機能の全部又は一部の提供を中断することがあります。
    1. 天災地変等の不可抗力により本機能が提供できなくなくなったとき。
    2. 本アプリサーバその他本機能に関する機器、設備等の保守、工事等を実施する必要があるとき。
    3. 本アプリサーバその他本機能の提供に使用する機器、設備等に故障、障害等が発生したとき。
    4. 当社の運用上又は技術上、本機能の全部又は一部の提供を中断する必要があるとき。
    5. 本機能の不正利用が行われている若しくは行われた可能性があると察知したとき、又は、違法な若しくは明らかに公序良俗に反する目的で本機能の利用が行われている若しくは行われた可能性があると察知したとき。
    6. 契約者が、本規約に違反し、又は違反するおそれがあるとき。
    7. 前各号に掲げるほか、当社が本機能の全部又は一部の提供の提供を中断が必要と判断したとき。
  2. 当社は、前項に基づく本機能の全部若しくは一部の提供の中断を計画している場合は、その旨を本アプリ情報サイト上に掲載する方法により契約者に周知するものとします。ただし、緊急やむを得ない場合は当該周知を行わないことがあります。
  3. 当社は、第(1)項の定めに基づき本機能の提供を中断した場合であっても、利用料の減免等は行わず、また当該提供中断により契約者又は第三者に損害が生じた場合であっても、一切責任を負いません。

第11条(本機能の変更・追加・廃止)

  1. 当社は、当社の都合によりいつでも、本機能の全部又は一部を変更し、追加し、又は廃止することができるものとします。なお、本機能の全部が廃止された場合は、利用契約は終了するものとします。
  2. 前項による本機能の全部又は一部の変更、追加又は廃止が契約者に重大な影響を及ぼすと当社が判断した場合は、当社は、あらかじめその変更、追加又は廃止の内容について、契約者に対して周知し、又は通知するものとします。ただし、緊急やむを得ないときは当該周知又は通知を行わない場合があります。
  3. 当社は、第(1)項により本機能の全部又は一部を変更し、追加し、又は廃止した場合において、契約者又は第三者に損害が生じたとしても、責任を負いません。

第12条(契約者による利用契約の解約)

契約者が本アプリの利用を希望しない場合は、自己の占有下又は管理下にある全ての本アプリを再生不能な形で消去することにより、利用契約を解約することができます。

第13条(当社が行う利用契約の解除)

当社は、契約者が本規約の定めのいずれかに違反したときは、契約者に対する事前の催告を行うことなく、本契約を直ちに解除することができるものとします。

第14条(利用契約終了時の措置等)

  1. 利用契約が終了した場合、契約者は本アプリを利用することはできません。この場合、契約者は、速やかに、自己の占有又は管理下にある全ての本アプリを再生不能な方法で消去するものとします。
  2. 利用契約の終了にかかわらず、第9条(個人情報等)、第10条(提供中断)第(3)項、第11条(本機能の変更・追加・廃止)第(3)項、本条、第15条(本アプリの契約不適合等)第(2)項、第17条(損害賠償の制限)、第20条(権利の譲渡等)、第21条(合意管轄)及び第22条(準拠法)の定めは、なお有効に存続するものとします。

第15条(本アプリの契約不適合等)

  1. 当社は、本アプリに利用契約に定める内容に適合しない点(以下「契約不適合」という)が発見された場合で、当該契約不適合の修補が必要であると認めたときは、利用契約に定める内容に適合する本アプリを提供し、又は当該本アプリの契約不適合を修補するよう努めますが、その実現を保証するものではありません。
  2. 本アプリの契約不適合によって、契約者又は第三者が損害を被ったとしても、当社はその責任を負いません。

第16条(本アプリのバージョンアップ等)

  1. 第11条(本機能の変更・追加・廃止)又は前条の場合、本アプリ再ダウンロード又はバージョンアップが必要となることがあります。
  2. 前項に基づき本アプリのバージョンアップを行う場合、当該バージョンアップが完了するまでの間、本機能の全部又は一部を利用することができないことがあります。

第17条(損害賠償の制限)

  1. 当社が契約者に対して損害賠償責任を負う場合であっても、当社が契約者に対して負う責任の範囲は、通常生ずべき直接の損害(逸失利益を除きます。)に限られるものとし、かつ、本アプリの機能利用時に生じた通信料を上限とします。
  2. 当社の故意又は重大な過失により契約者に損害を与えた場合は、前項の定めは適用しません。

第18条(輸出入関連法規類の遵守)

契約者は、本アプリを日本国外に持ち出す場合など、日本国又は諸外国の輸出入に関連する法令等(以下「輸出入関連法規類」といいます。)の適用を受ける場合には、当該輸出入関連法規類を遵守するものとします。

第19条(規約の変更)

当社は、次の各号のいずれかに該当する場合は、契約者へ当社が適切と判断した方法にて公表又は通知することにより、本規約の内容を変更することができるものとし、変更日以降はこれらが適用されるものとします。

  1. 本規約の変更が、ご利用者の一般の利益に適合するとき
  2. 本規約の変更が、本契約の目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき

第20条(権利の譲渡等)

契約者は、利用契約に基づき当社に対して有する権利又は当社に対して負う義務の全部又は一部を第三者に譲渡し、承継させ、又は担保に供することはできません。

第21条(合意管轄)

契約者と当社との間で利用契約に関連して訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所又は当該契約者の住所地の地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第22条(準拠法)

利用契約の成立、効力、解釈及び履行については、日本国法に準拠するものとします。

附則(平成29年6月26日)
本規約は、令和2年3月10日から実施します。

このページのトップへ