ご注意事項

iモードケータイ、スマートフォン共通のご注意事項

お預かりできるデータと容量について

  • お預かり項目によりバックアップできるデータの容量または件数が異なります。
  • ドコモUIMカードまたはmicroSDカードなどの外部記録媒体に保存されているデータは、お預かりセンターにバックアップすることはできません。

ご契約内容の変更について

  • iモード・spモードともに、解約、名義変更、電話番号の変更などiモードの「ケータイデータお預かりサービス」の解約やご契約内容の変更があった場合は、お預かりセンターにバックアップしたデータは削除されますのでご注意ください。

iモードケータイでのご注意事項

お預かりセンターとのデータ送受信について

  • 自動更新は「毎月」「毎週」「毎日」から選択することができます。
    「自動更新設定」で更新頻度を確認し、ご希望の更新頻度に変更してください。
    毎月更新の場合、3〜28日のいずれかの日を選択することができます。
  • 所定の更新日に更新が行われない場合は、翌日以降に自動更新されます。また、自動更新日時は、都合により変更・中止される場合があります。
  • 電話帳・スケジュール・メモ・トルカ・Bookmarkは、お申込み後翌日に自動的にバックアップされます。
  • iモードサービスエリア圏外、電源OFF時などでは自動更新されません。
  • うっかり防止機能を使ってお預かりセンターの電話帳のコピーを作成するときや、作成したコピーをお預かりセンターに復元するときは、お預かりセンターのデータを全件上書きしますので、必ずお預かりセンターの内容を事前にご確認のうえ実施してください。
  • ケータイの電話帳とMy docomoでお預りセンターの電話帳の同一データを編集した場合は、ケータイの電話帳データの変更が反映されます。
  • お預かりセンターに接続した後に表示される通信結果の表示内容は、ご利用中の携帯電話「MENU」内の「便利ツール」または「LifeKit」の中のケータイデータお預かりサービスの通信結果にてご確認になれます。
  • ケータイで電話帳・スケジュール・メモ・トルカ・Bookmarkを誤って削除してしまった場合、更新時にお預かりセンターに誤削除が反映されてしまいますので、ご注意ください。

お預かりできるデータと容量について

  • お預かりセンターでは電話帳などのデータは暗号化してバックアップしています。
  • お預かりセンターにバックアップできる画像はJPEG・GIFです。
  • 一部機種では、デコメピクチャ・デコメ絵文字フォルダの画像をお預かりすることができません。
  • バックアップ可能なファイル種別に制限があります。
  • 添付ファイル付メールは添付ファイルが削除され本文のみがバックアップされます。
  • メールは1件あたり100KB(本文10KB、デコメールの画像部分は90KB)まで、最大3006件までバックアップできます。
    画像は1件あたり10MB(ただし一部の機種は100KB)まで、最大3009件までバックアップできます。
  • 「2in1」をご利用の場合、お預かりセンターでは、電話帳2in1設定によるA・B・共通のすべての電話帳をお預かりし、すべての電話帳を一覧で表示します。
  • My docomoからのケータイデータお預かりサービスのご利用は基本契約(Aナンバー)からのみとなります。
  • システム上の制約により、グループやメモリ番号、2in1設定がお客さまのiモード端末の電話帳における登録状態と異なる形でバックアップされる場合がありますのでデータを携帯電話に復元した際、お客さまが携帯電話に登録していた従来の状態と異なって復元される場合があります。
  • 一部機種においては、お客さまのご利用電話番号(自局番号)を自動的にお預かりセンターにバックアップする場合があります。お預かりセンターには電話帳データとしてバックアップされます。
  • 名前・電話番号1、メールアドレス1が同一の電話帳データが複数あった場合には、複数の電話帳データがひとつに統合されます。
  • 前回の更新からケータイかお預かりセンターのどちらかの電話帳データが変更されている場合、変更した電話帳データをもう一方に上書き保存します。
  • お預かりセンターがいっぱいになってしまった場合は、不要なデータをiモードやMy docomoから削除して、再度ご利用ください。
  • 一部機種では、携帯電話からのデータ項目の削除がお預かりセンターに反映されない場合があります。その際は、パソコン(My docomo)よりお預かりセンターのデータ項目を削除し、電話帳の更新を行うことで、データの削除が反映されます(一部のデータは、My docomoからの削除が不可となっております)。
  • 再配布不可のデータは、お預かりセンターにバックアップできません。
  • 一部機種では、機種に表示されるアイコンと異なるアイコンがMy docomo上に表示される場合があります。
  • 一部機種では、電話帳・スケジュール・メモを更新した際に、携帯電話の電話帳・スケジュール・メモのアイコン情報が変更される場合があります。

アドレス変更通知について

  • アドレス変更通知メールは、ファミリー割引やドメイン指定受信の対象となります。
  • アドレス変更通知は、以下に該当する場合ご利用いただけません。
    • メール機能停止中
    • ケータイデータお預かりサービスの一時停止中
    • 本機能を過去7日間に3回利用している場合
  • 2in1をご契約の場合、送信するアドレスはAアドレス・Bアドレスのどちらかを選択することができます。選択したアドレスに対応するモードの電話帳データが送信左記候補として表示されます。
  • 受信者が「迷惑メール対策」設定を行っていると、アドレス変更通知メールについても受信が制限される場合があります。ただし、大量送信者からのメール受信を「拒否する」に設定していても、アドレス変更通知メールは受信されます。
  • アドレス通知メールの設定後メール送信が完了する前に、電話帳データを更新された場合など一定の場合には、アドレス変更通知メールが送信されない場合があります。

紛失・盗難時のお預かりセンターのロック(一時停止)について

  • 携帯電話を紛失した場合などは、ケータイデータお預かりサービスの利用を一時停止できます。お申込みは、My docomoのドコモオンライン手続きまたは、ドコモ インフォメーションセンターで可能です。

ご契約内容の変更について

  • iコンシェルをご契約いただくためには、ケータイデータお預かりサービスのご契約が必要となります。
  • iコンシェルをはじめてご契約いただいた場合には、iコンシェルご契約日から起算して31日間(iコンシェルのおためしサービスをご利用されたことがある場合は当該無料期間からおためしサービスの利用日数をのぞいた日数の間に限ります)のiコンシェル利用料無料期間が終了するまで、ケータイデータお預かりサービス利用料は無料となります(iコンシェルのおためしサービス利用期間を除く)。

スマートフォンでのご注意事項

クラウドとのデータの同期について

  • スマートフォンでスケジュール・メモ・トルカを誤って削除してしまった場合、クラウドとのデータの同期時に誤削除が反映されてしまいますので、ご注意ください。

クラウドに保存できるデータと容量について

  • クラウドに保存が可能な容量・件数を超えるデータ、再配布不可のデータ、ファイル制限のあるデータなどは、クラウドに同期できません。

クラウドデータの復旧について

  1. 以下のデータが、クラウドデータへの復旧の対象データです。
    1. お客さまが削除した端末データをデータ同期されたクラウドデータ
    2. スケジュール、メモ、買い物メモ
  2. 本機能利用の申込みは、お客さまがお申込みの当日に限り、本機能のお申込みの方法と同様に、キャンセルすることができます。
  3. クラウドデータ復旧対象期間の起算点は、本機能利用の予約の申込み日から当該申込み日を含む61日前の日以降の任意の日付から指定してください。(クラウドデータ復旧対象期間の終点は当該申込み日のみとなります。)
  4. スケジュール&メモアプリおよびスケジュール/メモ・トルカ同期アプリは、最新のバージョンをご利用ください。最新のバージョンをご利用でない場合、復旧が適切に完了しない場合があります。
  5. お客さまの大切な情報は、ご自身でバックアップを事前にお願いします。
  6. 本機能により復旧するデータ(以下「復旧データ」といいます)の内容は、以下のように、お客さまが意図されたものとは異なるデータが含まれたり、お客さまが復旧を希望されたデータが復旧データに含まれないなど、意図した結果と異なる結果になる場合があります。
    1. お客さまご自身で削除したデータも復旧される場合があります。
    2. 以下のデータは、復旧データに含まれません。
      • スケジュール&メモ ブラウザ版を利用してクラウドデータから削除されたデータ
      • グループ内共有データ、iスケジュール、トルカ
      • 本機能により復旧されたデータ(再び削除などにより対象データに該当することとなる場合を除きます。)
      • 消去されたクラウドデータの一部又は全部を事前にエクスポートした同一データをSDカードなどからインポートすることにより対応端末に登録された端末データが即時同期されることによりクラウドデータとなったデータ
    3. 本機能利用の申込み後、復旧が完了するまでの間にお客さま自身でSDカードなどから対応端末に同一データをインポートし、その結果クラウドに即時同期されたクラウドデータをスケジュール&メモ ブラウザ版を利用して編集した場合など、復旧データにより上書きされる場合があります。
  7. 以下のご利用状況では、本機能をご利用いただけない場合があります。
    1. 本機能ご利用時点において、スケジュール/メモ クラウドのご利用を開始していない場合。
    2. 本機能お申込みの時点でクラウドデータの保存件数がドコモ所定の最大保存件数(4000件)に達している場合。
    3. クラウドデータの保存件数と本機能により復旧の対象となるデータの件数を合算するとクラウドの最大保存件数(4000件)を超過する場合(超過分が復旧できません)。
    4. ご契約回線の譲渡、spモード契約を解約した場合。
  8. 本機能により復旧した結果、端末データと復旧データが重複する場合や、シールや画像などの一部のデータが復旧されない場合があります。
  9. ドコモが対象データを復旧している最中にお客さまがクラウドと同期を実行した場合、「正常に接続できませんでした(423)」と表示されます。しばらく時間をおいてから、スケジュール&メモアプリのオプションメニューから「クラウドと同期」を実行してください。
  10. ドコモが対象データの復旧を開始する前に、お客さまがクラウドと同期中の場合、対象データの復旧ができない場合があります。その場合、お客さま自身で、本機能の利用を再度お申込みいただく必要があります。
  11. 本機能ご利用時点でご利用の対応端末において「ドコモクラウド設定」をしていない場合、復旧データは対応端末に即時同期はされません。
  12. 復旧データが端末データに即時同期されるタイミングにおいて、対応端末が圏外、電源断などの理由でクラウドとの通信ができない場合などには、データ保存・データ更新が行われない場合があります。この場合、次回の即時同期のタイミングでまとめてご利用の対応端末へのデータ保存・データ更新が行われます。
  13. クラウドへのアクセス、クラウドと対応端末間のデータ送受信には、別途パケット通信料が発生します。データ量が大きくなることがありますのでご注意ください。
  14. 本機能による対象データのクラウドデータへの復旧はお申込みになった日の翌日のドコモ所定の時間帯に実行しますが、ドコモのシステム上の都合により、お申込み後、対象データの復旧に時間がかかる場合や対象データの復旧が実行されない場合があります。対象データの復旧が実行されなかった場合、お客さまにおいて再度の本機能利用の申込みが必要となります。
このページのトップへ