コード認識機能が搭載されたiモード端末で読み取り可能なQRコードは、本仕様のフォーマットどおりに記述すれば市販のツールで作成可能ですが、ドコモでもQRコード作成ツール「QRファクトリー」を公開しておりますのでご利用ください。

QRファクトリーはコード認識機能が搭載されたiモード携帯電話で読み込むことのできる2次元コード(QRコード)を出力するソフトウェアです。

QRファクトリーの画面イメージ

主な機能

  • 電話帳登録機能、メール連携機能、ブックマーク登録機能、テキスト登録機能、コンテンツ認識機能、iアプリ連携機能の各フォーマットに従ったQRコード作成 注意1
  • QRコードの詳細なパラメータ設定
  • 入力した項目をローカルファイルとして保存・読み出し
  • QRコードの色指定
  • 情報アイコンつきのQRコード作成
  • 拡張メタファイル(EMF)での出力

注意1 出力したQRコードを読み込むにはコード認識機能搭載のiモード携帯電話が必要です。

システム要件
項目 必要環境
パソコン本体 PC-AT互換機
OS (各日本語版)
  • Windows® 7
  • Windows Vista®
  • Windows® XP
  • Windows® 2000 Professional
必要メモリ
  • Windows® 7:20MB以上
  • Windows Vista®:20MB以上
  • Windows® XP:10MB以上
  • Windows® 2000 Professional:10MB以上
ハードディスク容量 OSがインストールされているドライブに20MB以上、QRファクトリーをインストールするドライブに5MB以上の空きが必要
  • 注意画面の色が8ビット(256色)モードでは表示が正常に行われない場合があります。
  • 注意OSのサービスパックは最新のものを使用してください。

インストールの際の注意

  • 旧バージョンがインストールされている状態で新バージョンはインストールできないようになっています。旧バージョンをアンインストール後に新バージョンをインストールするようにしてください。
  • QRファクトリー1.0をアンインストールする際には作成された登録済みデータファイル(CSVファイル)は失われますので、旧バージョンで作成した登録済みデータファイルを新バージョンに引き継ぐ場合は以下の操作を行ってください。

インストール手順

  • 1ダウンロードした自己解凍形式ファイルをダブルクリックして解凍します。
  • 2解凍されたフォルダ内のSETUP.EXEを実行してインストーラーを立ち上げます。
  • 3インストーラーの指示に従いインストール作業を行ってください。

旧バージョンソフトをお使いの方へ

  • 1旧バージョンで作成した電話帳、Mail to、ブックマークの各登録済みデータファイル(CSVファイル)を、QRファクトリーがインストールされているファイル(デフォルト設定ではProgram Files\imode\QRfactory_j)以外の場所に保存してください。
  • 2旧バージョンをアンインストールしてください。
  • 3新バージョンをインストールしてください。
  • 4新バージョンのQRファクトリーを起動し、電話帳、Mail to、ブックマークの各登録済みデータ画面で、1で保存した各登録済みデータファイル(CSVファイル)を読み込んでください。

QRファクトリーのダウンロードには使用許諾契約書への同意が必要となります。ダウンロードをされる場合は、使用許諾契約書を必ずお読みください。

テキスト登録を使用する場合について(QRファクトリー全バージョン)

QRファクトリーのテキスト登録画面で、電話帳登録機能やメール連携機能、ブックマーク登録機能、iアプリ連携機能のQRコードを作成する場合には、使用できる文字の種類や記述の方法などの仕様に従って入力してください。仕様外の入力をした場合、コード認識対応端末で正しく読み取れません。詳細なフォーマット仕様につきましては、『バーコード』メニューの「共通事項」をご参照ください。

QRファクトリー2.0以降について

プリンタ解像度を指定することにより、出力されるQRコードのイメージデータのdpiを変更することができます。デフォルトでは、1200dpiに設定されていますが、ご使用のプリンタの解像度に合わせることを推奨します。接続されているプリンターで印刷する場合はデフォルトプリンタを選択することで自動的に最適なdpiに設定されます。
他のアプリケーションで出力したイメージデータを利用するときには、出力したときと同じdpiで利用するようにしてください。
また、Microsoft Word/Excelで拡張メタファイル(EMF)を利用するときにはそのまま貼り付けるのではなく、「形式を選択して貼り付け」を利用し、「図(拡張メタファイル)」のほうを選択して貼り付けるようにしてください。
(2003年10月23日更新)

QRファクトリー1.Xについて

ファイルとクリップボードに出力する際、QRコードはプリンタに出力する時の約2倍の大きさで出力されます。
他のアプリケーションで実際のQRコードサイズで利用したい場合、

  • Microsoft Word/Excelでは、50%に縮小してお使いください。
  • Adobe Illustratorでは、40%に縮小してお使いください。

上記以外の倍率変更をした場合、実機で読み取れない可能性があるため、設定しないでください。
また、レタッチソフトなどで印刷した場合、実機で読み取れないことがあります。
試し刷りを行い、実機で読み取り確認することをお勧めします。
(2003年6月6日更新)

より小さなQRコードを作成するためには

QRコードはデータ量によって大きさの最小値が変化します。
分割指定をすることで本来大きなQRコードを複数の小さなQRコードにすることができますが、分割を行わずにQRファクトリーで小さなQRコードを作成するための方法をご紹介します。
(2003年10月23日更新)

作成方法

  • 1機能(電話帳、メール、ブックマークなど)を選択し必要なデータを入力します。
  • 2サイズ「任意」を選択します。
  • 3詳細画面を確認します。
    • セルサイズを小さくします。(0.28mmが最小)
    • バージョンをエラーの出ない最小値にセットします。
      (バージョンをひとつずつ下げていき、「入力可能文字数をオーバーしました」などのエラーメッセージが出たらひとつ上の値にセットしましょう。)
  • 3誤り訂正レベルは、Lの方がより多くの文字を扱えるという点では効率がいいですが、極力Mをお勧めします。

印刷されるQRコードの大体のサイズは、詳細画面の「印刷領域」の値で確認できます。
(2003年10月23日更新)

QRコードの色指定について

明るさ128以上の場合は読み取れなくなる可能性が高くなるのでQRファクトリーでは指定できません。128未満の明るさの色を指定するようにしましょう。
(2003年10月23日更新)

情報アイコンはQRコードがどういう用途のものかをあらわすための絵文字です。情報アイコンはQRコードの下や右につけることができます。アイコンの種類や詳細はQRファクトリーのヘルプをご参照ください。
(2003年10月23日更新)

情報アイコンつきQRコードイメージ

情報アイコンつきQRコードの画像

 

注意サンプルの情報アイコンは順に「iモード用のQRコード」で「テキスト表示」の機能に対応し、「複数に分割されている」ことを意味しています。

ソフト更新履歴
Ver. 公開日 修正点
Ver.3.5 2011年4月25日
  • 対応OSにWindows® 7を追加しました。
Ver.3.4 2009年4月23日
  • 対応OSにWindows Vista®を追加しました。
  • マイクロQRコードの作成に対応しました。
  • QRコードのバージョンを40まで設定できる機能を追加しました。
  • メール連携の宛先を5まで設定できる機能を追加しました。
Ver.3.3 2006年10月12日
  • コンテンツ認識機能にトルカを追加しました。
Ver.3.2 2005年8月11日
  • インターフェースを変更しました。
  • 同一QRコードの複数個一括印刷機能に対応しました。
  • 情報アイコンの出力位置を改善しました。
Ver.3.1 2005年4月22日
  • QRファクトリーを起動しても、ごくまれに画面が表示されない場合がある事象を改善しました。
  • 使用していないプリンタがPC上で設定されている際、QRファクトリーが起動しなくなる事象を改善しました。
Ver.3.0 2004年11月17日
  • 901iより電話帳に追加される項目(誕生日、住所、ホームページ、ニックネーム)へ対応しました。
  • メール連携機能の本文およびテキスト表示での改行入力に対応しました。
  • インターフェースを変更しユーザビリティを強化しました。
  • QRコード色選択時のUIを改善しました。
  • 印刷時のQRコード分割数表示に対応しました。
  • プリンタ設定機能を強化しました。
Ver.2.0 2003年10月23日
  • iアプリ連携機能を追加しました。
  • コンテンツ認識機能を追加しました。
  • QRコードのカラー出力に対応しました。
  • QRコードの分割出力機能に対応しました。
  • 拡張メタファイル(EMF)出力に対応しました。
  • プレビュー機能を強化しました。
Ver.1.1 2003年7月2日
  • ビットマップ保存ダイアログをキャンセルした後に生成するQRコードが大きくなる不具合を修正しました。
  • 入力項目にタブや制御コードが入力された際の処理を改善しました。
  • アンインストール時にインストールディレクトリ内の登録済みデータファイルを削除されないようにしました。
Ver.1.0 2003年6月6日
  • QRファクトリーVer1.0公開

バーコードの作成方法

「バーコード」の作成方法 をご説明します。

  • 注意Microsoft、WindowsおよびWindows Vistaは、米国Microsoft Corporationの米国、およびその他の国における登録商標または商標です。
  • 注意「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

このページのトップへ