<OBJECT>(iモーション再生制限関連)

関連属性

declare(オブジェクト宣言であることを示す識別子)
id="OBJECTタグID"(HTML内で一意)
data="オブジェクトとして配置するデータのURL"
type=" video/3gpp | audio/3gpp "

書式

<OBJECT declare id="OBJECTタグID" data="データのURL" type="コンテンツタイプ">
</OBJECT>

意味

再生制限をかけるiモーションコンテンツをオブジェクトとして指定します。

<PARAM>(iモーション再生制限関連)

関連属性

name=" count | period | span | start "
value="パラメータ値"
valuetype="data"(固定)

書式

<PARAM name="パラメータ名" value="パラメータ値" valuetype="data">

意味

再生制限に必要となるパラメータを指定します。

  • 注意HTMLタグおよびアトリビュートは半角大文字、半角小文字が混在していても動作可能です。

このページのトップへ